アカモクの販売店はどこ?花粉症に効果あり!栄養成分や食べ方は?

アカモクのとろろ

3月14日のあさイチでは「アカモク」がとりあげられていていました。

アカモク」って何だと思いますか?

そう、アカモクは海藻の一種なんです。

アカモクは全国の海で採れるのですが、あまりメジャーではなかったですね。

漁の邪魔になるようで、あまり注目されてきませんでした。

それが最近になってきて、動物実験の段階ではありますが、ミネラルが豊富でその成分が腸内環境の改善や花粉症などの症状の緩和に有効な効用があるとわかってきました。

スポンサーリンク

アカモクとは?

アカモクは、ワカメやコンブと同じような褐藻類の一年草種の海藻です。

栄養豊富な海で育つアカモクは、本州中部では秋から冬にかけて育ち、冬から春に成熟します。

瀬戸内海では春に成熟するものと秋に成熟するものがあります。

番組では3~5月が旬と紹介されていましたが・・・。

これはどこのアカモクが旬なのか、全国的にでしょうか?

生命力がとても強い海藻です。

アカモクはミネラルの含有量が他の海藻より5~20倍も含まれています。

強い独特の「ねばり」があり、シャキシャキとした食感も海藻本来の風味とともに楽しめます。

平成26年には鳥羽の海のアカモクが伊勢神宮外宮奉納品になっています。

また、「北海道大学COI 食と健康レポート」では、アカモクの健康効果を検証していて、さまざまな効果があることを確認しています。

・北海道大学COI 食と健康レポート(2017年3月13日 医療プレミア編集部)
http://mainichi.jp/premier/health/articles/20170310/med/00m/010/011000c

アカモクの成分と効用

最新の研究でわかってきたことは、アカモクの成分が、腸内環境を改善し、花粉症の症状である鼻水や目のかゆみなどを緩和してくれます。

アカモクの赤い色素が脂肪を燃焼する作用があるとのことです。

免疫力、抗酸化作用、抗ウィルス作用を増強するという成分のフコダインが、肥満を改善し、内蔵脂肪を減らす働きもします。

糖尿病予備群への予防効果も期待されています。

また、食物繊維もたっぷりで、便秘改善骨粗しょう症生活習慣病の予防にもいいのです。

なんと凄い効能があるアカモクなんでしょうね!

主な成分は以下になります。

ポリフェノール

ポリフェノールは強い抗酸化作用があり、また水溶性と脂容性の両方の性質を併せ持っています。

脂肪燃焼効果や血栓を予防する作用などがあります。

赤ワイン・バナナ・ブルーベリー・チョコレートなどに多く含まれています。

フコダイン

フコダインは昆布やめかぶなど海藻のネバネバに含まれているのがフコダインです。

「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)や「マクロファジー」という免疫細胞が免疫機能を活性化させます。

人間の免疫機能において重要な物質になります。

また美白作用や抗酸化作用の効果もあり、フコダインはとっても体にいいのです。

ミネラル

ミネラル(無機質)は、現在16種類があります。

(ナトリウム、マグネシウム、カリウム、カルシウム、リン、イオウ、クロム、マンガン、鉄、コバルトセレン、モリブデン、、銅、亜鉛、ヨウ素、塩素)

骨や体の組織の構成や調子を整えるのに必要ななくてはならない微量栄養素になります。

ビタミンK

脂溶性ビタミンの一種で、出血した時などに血を固めたり骨の形成を促したりします。

アカモクの呼び名いろいろ

北海道東部を除く日本の海のほとんどにアカモクは存在しています。

一年草だということですが、長いものだと7mにもなります。

秋田県では「キバサ」という名で呼ばれています。

通販などで購入しようとして調べると、そうかいてあるものが目につきます。

宮城県産、佐渡産のものは、「銀葉藻」として売られているのを目にします。

「銀葉藻(ギンバソウ)」というのは、山形県での呼び名だそうです。

新潟県では「長藻(ナガモ)」と言っています。

スポンサーリンク

アカモクの食べ方

味噌汁とろろご飯として手軽に食べられます。

また冷奴にかけたり、お好み焼きにしてもおいしいです。

あとは、天ぷらですね。

あさイチの番組では春菊とアカモクの天ぷらにしていましたよ。

いろいろ工夫して食べられそうです。

生アカモクの下処理の仕方

1.よく水洗いする。

2.茎と葉を分ける。

3.お湯を沸かして、アカモクを入れる。

4.お湯から上げて、水を切ってから、細かくたたく。

5.これで下処理終了。

このままお味噌汁にいれたり、お料理に使ったりしてどうぞ。

アカモクの販売店はどこ?

アカモクの商品には、わかめと同じような加工で売られているものとか、生の状態で洗って刻んで小袋に入れて売られているのものなどいろいろあります。

自分の使いたい状態のものに合わせて、選んでください。

尚、販売店の情報については、一般のスーパーなどで気軽に買えるといいのですが、今はそうなっていません。

ごく一部で取り扱っていることがあるようです。

東北や吸収、秋田県などでは比較的手に入りやすいようです。

イベントとして東北の物産展などが開催される時は要チェックです。

物産展.com
http://bussan10.com/
店へ足を運んで買うのでなければ、通販で手軽で手に入れることが出来ます。

人気のため、品切れということもあるかもしれませんが、比較的手にはいりやすいです。

※アカモクとろろもおすすめです

まとめ

とにかく凄い成分があるというスーパーフード、アカモクです。

私も頑張って食べていきたいと思っています。

効果を実感できたら、またご報告しますね!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です