熱海梅園梅まつり2018見頃とアクセス!所要時間も

白梅

日本一早咲きの熱海の梅。

熱海梅園では第74回となります梅まつりが開かれます。

梅の見頃もいろいろな梅の花を観賞することができます。

来年1月からのこのお祭り、今から楽しみですね。

スポンサーリンク

第74回熱海梅園梅まつり

【開催期間】2018年1月6日(土)~3月4日(日) 
【開園時間】8:30~16:00(時間外無料開放) 
【所在地】静岡県熱海市梅園町8-11

【入園料】 
・一般 300円
・熱海市民 100円 住所がわかるものや熱海市民施設利用証を提示してください 
・熱海市内宿泊者 100円 宿泊先がわかるもの(予約表や領収証等)を提示してください 
・団体割引(11名以上) 200円 
・中学生以下は無料です
※上記時間外は無料で開放されているということです。

【アクセス】
・電車 JR熱海線 来宮駅下車 徒歩約10分 
・バス JR熱海駅より相の原団地行き利用約15分 梅園下車 
・タクシー ワンメーターくらい(2~3分)

【駐車場】有り(100台)※1/1~3/4のみの駐車場です
梅園前(8:30~16:30) 普通乗用車600円 マイクロバス1500円 二輪車300円 ※会場周辺は交通渋滞が予想されますので公共交通機関をご利用ください 

来宮駅から歩く方は、山の方角へ歩いていきます。

梅園の信号を右折します。

そうすると熱海梅園の正面の入り口があります。

車の方はその正面入口を通り越してください。

梅まつり期間中は係員がいるので、誘導・指示にしたがって駐車しましょう。

熱海梅園について

熱海梅園は明治19年に開設されました。

内務省初代衛生局長、長与専斎が熱海の温泉療養患者の運動施設を作ることを提唱したことから始まっています。

現在は熱海市が管理しています。

広さは約4万平米になります。

坂が多いので、歩きやすい靴を履いていきましょう。

熱海梅園の梅の見頃

梅の花

59品種、472本の梅があります。

早咲きのもの、中咲きのもの、遅咲きのものと、時期によって開花していく梅が植えられているので、長く楽しめます。

最も多いのは「八重寒紅(やえかんこう)」の62本です。

次は「八重野梅(やえやばい)」の56本です。

白加賀(しろかが)」や「冬至梅(とうじばい)」も多い品種です。

開花の早いものは11月下旬から咲き始めます。

一番の見頃は2月中旬になります。

開花状況は年明けよりこちらで確認できます。

そのほか、かえで類380本、松134本なども植えられています。

かえでがたくさんあるので、紅葉の時期も人気があります。

スポンサーリンク

熱海梅園内について

梅園を流れる初川には、入口に近い方から、漸佳、迎月、雙眉、駐杖、香浮の「梅園五橋」が架かっており、それぞれ梅園散策の絶景ポイントとなっています。

また、高さ13m、幅29mの人工の滝「梅見の滝」があります。

滝の裏側から流れ落ちる滝を見ることができます。

6つの句碑もあります。

松尾芭蕉の句碑「梅が香にのっと日の出る山路かな」が有名ですね。

韓国庭園もあります。

これは2000年9月に日韓首脳会談が熱海市にて開かれ、その折に当時の森総理大臣と金大統領が梅園を訪れたことを記念して、翌年開設されました。

およそ400年前の庭園を再現しているそうです。

また梅園の中には、足湯ができるところもあり、寒い時期にはうれしいですね!

熱海梅園梅まつりについて

白梅

梅まつり期間中は楽しい催しが盛りだくさんです。

期間中の主な行事のスケジュールをご紹介しておきます。

1月6日(土)
熱海囃子笛伶会 中央広場 10:45~11:00(交観会前) 12:00~12:15(交観会後)
熱海・大島交観会(熱海芸妓演芸披露あり) 中央広場 11:00~12:00
新春梅見落語会「柳家ほたる」 香林亭 11:00~および13:00~(定員50名・料金200円) ミス熱海撮影会 正面入口 随時

1月7日(日)
大道芸披露 中央広場 10:30~15:00
新春梅見落語会「入船亭小辰」 香林亭 11:00~および13:00~(定員50名・料金200円) ミス熱海撮影会 中央広場 随時

1月8日(月・祝)
ひかるライブ&トークショー 中央広場 11:00~11:45 13:30~14:15
ミス熱海撮影会 正面入口 随時

1月14日(日)
飛龍高校和太鼓部披露 中央広場 11:00~13:00
大道芸披露 中央広場 13:30~16:00
新春梅見落語会「柳家小太郎」 香林亭 11:00~および13:00~(定員50名・料金200円)

1月21日(日)
南京玉すだれ&「ジョージ・ジョンガラ」津軽三味線ショー 中央広場 11:30~12:00、13:30~14:30
新春梅見落語会「柳家小太郎」 香林亭 11:30~および13:00~(定員50名・料金200円) ミス熱海撮影会 正面入口 随時

1月28日(日)
熱海芸妓連野点茶会 中央広場 10:00~11:00 13:00~14:00
熱海芸妓連演芸会 中央広場 11:00~11:30 14:00~14:30
熱海芸妓連甘酒無料サービス 中央広場 11:30~および14:30~
新春梅見落語会「春風亭朝之助」 香林亭 11:00~および13:00~(定員50名です料金200円)

2月4日(日)
大道芸披露 中央広場 10:30~15:00
新春梅見落語会「柳家さん光」 香林亭 11:00~および13:00~(定員50名・料金200円) ミス熱海撮影会 正面入口 随時

2月10日(土)
高城ゆり歌謡ショー 中央広場 11:00~11:30 13:30~14:00 2月11日(日・祝)
熱海梅園公開生放送ラジオ番組「FM Ciao ! 熱海梅園梅まつりスペシャルステージ!!」FM76.9Mhz 中央広場 10:00~15:00予定
新春梅見落語会「入船亭小辰」 香林亭 11:00~および13:00~(定員50名・料金200円) ミス熱海撮影会 正面入口 随時

熱海梅園内の飲食

お祭り期間中は、多くの屋台が出ます。

屋台で美味しいものを食べながら、梅を楽しんでもいいですね!

熱海梅園周辺の美味しいもの

梅園の周辺には美味しいお店もいっぱいですよ。

梅園からのお帰りには是非立ち寄って、熱海の海の幸を楽しみましょう。

「磯丸 平和通り店」

熱海市田原本町 美味しいお寿司が気軽に楽しめます。

海鮮丼やお味噌汁もおすすめです。

「まぐろや」

熱海市田原本町 地元の海産物をお手頃価格で食べられます。

「うまい鮨勘 熱海支店」

熱海市中央町 美味しいお寿司をおもいっきり楽しめますよ。

「あおきのひもの」

熱海市銀座町 慶応2年創業という歴史あるお店です。

伊豆近海の海の幸を赤穂の塩と柿田川の水を使って干物にしてあるそうです。

こだわりが違いますね。

「魚ごころ季魚喜人 本店」

熱海市清水町 広い店内でゆっくりと海鮮料理を楽しむことができます。

まとめ

梅まつりは1月になってからですが、早咲きのものは既に咲き始めているのです。

できれば温泉に一泊してゆっくり過ごしてみたいですね。

池上梅園2017 梅まつり情報 お土産とアクセス

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です