冬の暖房器具の種類や特性を考えて安全に!赤ちゃんにも考慮

暖炉

冬本番も間近に控えて暖房器具を用意しなければなりませんね。

効果的な暖房ができて経済的にも優れているものがいいですよね。

電気か灯油かガスか・・・。

また置く部屋の広さのことも考えて何が一番適切か考えて見ましょう。

お子さんのいらっしゃるご家庭では安全性にも充分配慮したものにを選ばなくてはなりません。

いろんな角度からじっくりと見てみましょう。

暖房器具の種類と特徴

対流式の暖房器具

比較的広い部屋を効率的に暖めるには暖かい空気を出す対流式の暖房器具が適しています。

エアコン、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターなどが該当します。

エアコン

エアコンは人感センサーを搭載されたものがあり、より効率的に部屋を暖められます。

灯油を燃焼させる石油ファンヒーターは立ち上がりが早く部屋全体をすぐに暖められます。

ただしこまめな換気を必要とします。

ガスファンヒーターも迅速に部屋を暖めることができます。

専用のガス栓があることが前提です。

こまめな換気も必要です。

エアコンは電気代のみですが、石油ファンヒーターは灯油代が、ガスファンヒーターはガス代がかかりますから、コスト的には安いとは言えません。

じんわりと暖める暖房器具

ストーブの前のネコ

赤外線の輻射熱によって周囲を暖める暖房器具もあります。

カーボンヒーター、パネルヒーター、ハロゲンヒーター、オイルヒーター、石油ストーブなどです。

空気を暖めるのではなく赤外線の方向にあるもの(人)を暖めるのです。

カーボンヒーターは発熱体にカーボン(炭素繊維)を使用しているものです。

すぐに暖まることができますが、部屋全体を暖めるのには向いていません

パネルヒーターはパネル面の電熱線から直接輻射熱を発生するものです。

部屋の空気をじんわりと暖めます。

触ってもやけどの心配はないのでお子さまのいるお部屋にも使えます。

火事を発生させることもありません。

また、軽量で動かしやすく場所もとりません。

ハロゲンヒーターはハロゲンランプを加熱することで近赤外線を発生させます。

近くにいればすぐに暖かく感じられますが、お部屋全体の温度を上げることはできません。

オイルヒーターは本体の中の難燃性のオイルを電熱線で暖めることによって輻射熱を発生させます。

暖まるのに時間はかかりますが、暖かくなってしまえば冷めにくく、空気の対流によって部屋全体が暖かくなります。

また、燃焼するものではないので安全性も高いといえます。

石油ストーブ

石油ストーブは暖房効果が高く輻射式と対流式の利点をあわせ持っているものです。

灯油を燃焼させることによる遠赤外線の輻射熱と、自然対流による暖房効果があり広い部屋を暖めるのには適しているといえます。

ですが、こまめな換気は必要になります。

本体がかなり熱くなりますから小さなお子さんのいるご家庭では充分注意してください。

部分的に体を暖める暖房器具

こたつ

発熱体で直接体を暖める伝導式の暖房器具もあります。

ホットカーペット、電気毛布、こたつなどです。

直接触れていないと暖かくなりません。

また部屋全体を暖めることはできません。

広い場所・狭い場所

暖房効果という観点からみますと、広い部屋にはエアコン、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターまたは石油ストーブがいいといえると思います。

狭い場所にはオイルヒーターが最も適しています。

少ない電気代で部屋を暖めることができます。

カーボンヒーターもほぼ同様のことがいえると思います。

暖房器具を効果的に使うには

暖房器具をさらに効果的に使用するために注意したい点があります。

窓付近の冷輻射を防ぐことです。

せっかくの暖められた空気も窓付近で冷却されてそれが室内で対流してしまってはなんにもなりません。

窓にはできるだけ厚いカーテンを掛けて冷輻射を防ぎ暖房効果を高めたいですね。

そしてファンやサーキュレーターを利用して室内に暖かい空気の対流を起こし部屋全体を暖めるようにしましょう。

特に輻射式の暖房器具では暖気の対流が起こりませんので暖められた空気は部屋の上の方にたまってしまいがちです。

対流を起こして空気をかき混ぜ、部屋全体を暖めるようにしましょう。

また、加湿も重要です。

湿度は高い方が暖かく感じられますし、乾燥は健康の敵でもあります。

加湿器を利用したり、濡れタオルやボウルに水を用意するなどして湿度を上げるように心がけてください。

赤ちゃんや子どもへの配慮

ストーブ

小さいお子さんのいるご家庭ではさらにいくつかの点に注意が必要です。

灯油やガスを燃焼させる場合は換気に充分注意してください。

一酸化炭素中毒となる可能性があります。

万一の場合はお子さんへの影響が大変大きくなってしまいかねません。

パネルヒーターなど火傷の心配のない暖房器具であれば問題ありません。

そうでなければフェンスまたはベビーガードなどでお子さんが接触できないようにする必要があります。

まとめ

以上の点を参考にしてこの冬の暖房器具を選んでみてください。

特に広い部屋には複数の暖房器具を組み合わせて設置するのも効率的です。

メインにエアコンや石油ファンヒーターを使用し補助的に電気こたつを使用するなどです。

またキッチンにはホットカーペットを敷いたり、脱衣場には電気ストーブを置くのもいいと思います。

春が来るまで暖房器具を効果的に使って寒さをしのいでいきましょう。

この冬を暖かく過ごすコツはどんな方法がある?衣服と環境

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です