郵便はがきの料金値上げ!年賀ハガキは52円サイズや厚さは?

はがき

郵便はがきの料金が2017年6月1日から値上げになりました。

料金は今まで52円だったのが、62円になりました。

電子メールの普及が大きく、はがきの需要が落ち込んでいるからでしょう。

私もメール派です。

動画や画像も送れて、早くていいですものね!

ところで、年賀ハガキは据え置きの52円だって知っていましたか?

スポンサーリンク

年賀はがきが52円で使えるのは

年賀はがき

年賀はがきは黒字なので、52円でも大丈夫と判断されて値上げを免れました。

ですが、年賀はがき52円が通用するのはいつからいつまででしょうか。

それは、12月15日から翌1月7日までに投函された年賀状が52円になります。

ハガキ以外で値上げされたものは?

今回の値上げで変わったのは、「ゆうメール」です。

新たに規格が出来て、「縦34cm、横25cm、厚さ3cm」以上のものは、80円から150円になりました。

封書ですが、こちらは値上げされず、以前同様82円です。

宅配便のゆうパックは2015年にすでに1個あたり、約40円ほど値上げされています。

2018年年賀はがきの購入には注意!

年賀はがきを購入予定の人は、例年のように考えていると大変!

通常はがきが62円なので、年賀はがきが余ったからと言って、そのまま通常のはがきとして使うことはできません。

通常のはがきとして使う時には、10円切手を足してくださいね。

また、年賀状を出すのが遅れてしまい、7日を過ぎてしまうと料金がかかります。

何だかややっこしいですね~!

スポンサーリンク

2017年の年賀状や普通はがきは2018年の年賀状に使える?

大丈夫、使えますよ。

普通はがきで年賀状を出す時は、はがきの表面に『年賀』って書いてくださいね。

「年賀」の文字がないと、年賀状と認識されなくて、62円になってしまいます。

気をつけてくださいね。

海外への年賀状送付はいくらになるの?

国際郵便はがきは70円で送れます。

ですから、52円の年賀はがきで送る場合は、不足分の18円の郵便切手を貼ってください。

はがきの交換は郵便局で

はがきの交換は郵便局でしましょう。

コンビニなどでは扱っていません。

また、交換には手数料がいります。

52円のはがきでしたら、そのまま10円切手を貼って使った方がお得で簡単です。

はがきのサイズは?

通常はがきは、最大で縦15.4cm×横10.7cmです。

最小で、縦14cm×横9cmです。

なお、年賀はがきは、縦14.8cm×横10cmになります。

重さは、2g~6gになります。

手作りされる方は、この範囲で作られるといいでしょう。

はがき印刷について

キーボードとはがき

プリンタで印刷される方は、プリンタの詳細設定の用紙設定を「はがき」にしてくださいね。

やリ方の詳細は、各メーカーのプリンターによって異なるので、マニュアルを見てくださいね。

私はよく宛名面と裏のデザイン面を間違えて印刷してしまったりします。

はがきの大きさの別の紙で試しに印刷してみてから、本番を印刷しましょう。

まとめ

アナログなはがきも風情があっていいものです。

ついついインクジェットで印刷してしまう私ですが、そもそも出さない人も多くなっている昨今。

お正月に手作りの年賀状が来るとうれしくなります。

自分はあまりしないのに、もらうとうれしいという、何とも面白いものです。

あさイチより!食中毒予防3原則より食品の買い物の注意事項

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です