浜松の見所「おんな城主 直虎 大河ドラマ館」

浜松城

NHKの大河ドラマは大変人気がありますね。

そして毎年新しいドラマがはじまると、そのドラマの「大河ドラマ館」がその年放映されているドラマのゆかりの地に期間限定でできるんです。

そして2017年は「おんな城主直虎」です。

江戸時代270年にわたり徳川家康を支えた徳川四天王の一人井伊直政の養母になります。

また、井伊家二十二代当主直盛の一人娘でもあります。

その「おんな城主直虎」は浜松にゆかりをモツ大河ドラマなので、今年は浜松に大河ドラマ館が出来ました。

大河ドラマ館は約1年間の間、開催されています。

井伊直虎をよく知るためにも行ける機会があったら、ぜひ行きたいですね。

スポンサーリンク

おんな城主 直虎 大河ドラマ館について

【開催期間】 平成29年1月15日(日)~平成30年1月14日(日)

【開催場所】 浜松市みをつくし文化センターホール
       浜松市北区細江町気賀369
【開館時間】 9:00~17:00(最終入場16:30)
【休館日】  無休
【普通入場券】大人 600円、小中学生 300円

【アクセス】天竜浜名湖線 気賀駅よりすぐ

※JR浜松駅から徒歩→新浜松駅から遠州鉄道で西鹿島駅→(天竜浜名湖鉄道 約32分)→気賀駅から徒歩約3分
※JR浜松駅前からバス15番乗り場→気賀駅(気賀駅前行き、約60分)→気賀駅から徒歩約3分

大河ドラマ館は、展示面積が450平方メートルになり、ドラマの舞台をわかりやすく紹介しています。

館内は以下のゾーンに分けられています。

・エントランス

・大河ドラマ情報

・井伊谷井戸端セット フォトスポット

・直虎シアター

・美術の世界 井伊氏居館風造作

大河ドラマ館は平日でもかなり混んでいて、大人気となっています。

ドラマシーンのセットである「井伊谷井戸端セット」で記念撮影ができ、実際に使われた衣装の見学もできます。

直虎シアターでは巨大スクリーンで限定映像が楽しめます。

美術の世界では話題のVRセットというのがあり、ここで仮想体験ができるそうです。

大河ドラマ館を見る時は、トイレは済ませてから館内に入りましょう。

見学エリアにはトイレがありません。

公式ホームページに詳しい各種パンフレットあダウンロードできるようになっています。
観光スポットやそのアクセス、井伊直虎のことまでとても詳しく書かれています。

大河ドラマ館のお土産

直虎グッズがいろいろ揃っています。

ここが一番揃っていると思われるので、要チェックです。

直虎と名の入ったお土産がたくさんあるので、覗いてみてはいかがでしょうか。

また、大河ドラマ館そばに「田空(でんくう)直虎ショップ」というお土産やさんがあります。

龍潭寺(りょうたんじ) 井伊直虎が出家して修行を積んだ寺

龍潭寺 龍潭寺の庭

龍潭寺はテレビでも度々放映されている、井伊直虎が幼少時に過ごしたお寺として記憶にありますね。

歴史も古い龍潭寺は境内のあちこちに井伊氏ゆかりの足跡があります。

井伊氏歴代の墓があり、直盛・直虎・直政もここに眠っています。

江戸初期に造られた龍潭寺の庭園は国指定名勝になっています。

庭の植込みが丸くかられていて、何となくかわいらしい感じがするすばらしい庭園です。

赤地に「井」の記が描かれた籠があり、とても特徴的ですね。

龍潭寺山門を出て少し行くと、「共保公出生の井戸」というのがあります。

井伊氏初代 共保が生まれたときのものだそうです。

他にも国指定重要文化財、県指定重要文化財など貴重な文化財が所蔵され、見処があります。

遠州の古刹・井伊直虎・井伊家菩提寺になります。

井伊直虎はじめ、井伊氏を知る上で欠かすことのできない名所となっています。

そのせいか、平日でも大勢の観光客が来ています。

スポンサーリンク

浜松出世の館 「出世の街 浜松」案内情報館

大河館を見たら、ぜひついでに浜松の「浜松出世の館」によってみましょう。

できれば最初によった方が、情報が得られていいかもしれません。

観光案内情報がいっぱいあり、お土産もそろっています。
【期 間】 平成29年1月8日(日)~平成30年1月31日(水)

【所在地】 浜松市中区旭町37
【アクセス】JR浜松駅より徒歩約3分
【料 金】 入場無料
【開館時間】10:00~19:00
【休館日】 年中無休
「出世」というのは、浜松で29歳から45歳までを過ごした徳川家康公が天下人となったこと、その後歴代浜松城主も、江戸幕府内で目覚ましい出世を果たしたことによっています。

そして現代に至るまで、浜松は次々と世界的な企業が誕生したこと、浜松の産業、精神、文化、また自然が豊富で、生きる力となるよう名付けられました。

浜松城

徳川家康が元亀元年(1570)に築城、一番の活躍時期である29歳~45歳までの17年間を過ごしましたので、別名「出世城」とも呼ばれています。

ここもゆかりの地として見逃せないですね!

ぜひ、訪ねる場所に加えましょう。
【所在地】 浜松市中区元城町100-2
【開館時間】8:30~16:30
【料 金】 大人(高校生以上)200円、中学生以下無料
【アクセス】JR浜松駅より遠鉄バス ①⑬乗り場から約5分。
      「市役所前停」下車徒歩約6分
【駐車場】 あり(乗用車261台、大型バス14台、マイクロバス4台、無料)

最後に

「おんな城主直虎」のことを知って、ドラマを見るとより一層おもしろく見れます。

どんなふうにどんな所で過ごしたのか、足跡を辿ってみるのは面白いですね!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です