弘前公園の桜まつり2017のアクセスやライトアップ見どころ

弘前公園と城

日本一と称される弘前公園の桜まつり。

なんと、今年は桜まつりがはじまって、100年を迎えるとのことです。

桜まつりのはじまりは、1918年(大正7年)で、「観桜会」として始まりました。

今年は会期も拡大しての開催となっていて、されに多くの人が訪れそうです。

弘前公園の桜は、約50種類2600本の桜があり、どちらを向いても桜で、とても壮観な光景になります。

桜の名所100選にも選ばれている弘前公園の桜、ぜひ、一度は訪れてみたい所です。

スポンサーリンク

弘前桜まつり2017のアクセス

【桜まつり期間】 2017年4月22日~5月7日

【所在地】 青森県弘前市下白銀町1 弘前公園
【アクセス】 JR奥羽本線弘前駅より弘南バス市役所方面行15分、市役所前公園入口下車すぐ
【桜の例年見頃】 4月下旬-5月上旬

【ライトアップ時間】 日没~22:00
【お問い合わせ】弘前市立観光館  0172-37-5501

【有料区域・有料時間】
 本丸・北の郭 7:00~21:00 ※通常時は9:00~17:00
 植物園 9:00~18:00 ※通常時は9:00~17:00

【入園料】 
 本丸・北の郭 大人310円、小人100円
 植物園 大人310円、小人100円
 共通券(本丸・北の郭、植物園、藤田記念庭園)大人510円、小人160円
 ※各種10名様以上団体割引あり

広前公園の桜の地図はこちらから

弘前公園の桜

一面の桜で彩られる公園は、約50種類の桜を楽しめ、2600本もの桜が咲き誇ります。

1つの花芽から花が4個~5個つくので、とてもボリュームがある桜が見れます。

「りんご」の剪定方法から生まれた桜ということです。

ソメイヨシノから、シダレザクラ、八重桜と、樹齢100年を越えた木も多くあり、桜の花をつけているその貫禄たるや見ごたえがあります。

桜の手入れも行き届いており、とてもきれいです。

夜はライトアップもあり、お城とのコンビネーションや、濠の水面に映る桜と光が幻想的の雰囲気を醸し出します。

スポンサーリンク

日本最古のソメイヨシノ 場所:ニの丸

日本最古のソメイヨシノ

東内門の先に大きな桜の木がありますが、この桜が日本最古のソメイヨシノになります。

弘前公園のソメイヨシノは、300本以上の老木があり、見頃な花を咲かせています。

この管理技術がすばらしいと絶賛されているのです。

この桜の周りは混雑が予想されるので、気をつけながら鑑賞しましょう。

大枝垂れ(オオシダレ) 場所:二の丸

二の丸にある大枝垂れは、園内の一番大きなシダレザクラになります。

この桜は長寿の桜として知られていて、品種はエドヒガンの枝垂れ性になります。

シダレ桜と山

弘前枝垂れ 場所:本丸

弘前枝垂れは、1914年に植栽されたシダレザクラで、花弁の枚数が7~8枚で、他の桜と違うことから名前がついています。

人気スポットの弘前公園の桜 場所:下乗橋

ここが最も混雑する桜の花見スポットで、橋と弘前城と桜がとても美しく絵になる写真スポットです。

昔の人はここで馬を降りるようになっていました。

下乗橋」の橋の名で何となく想像がつきますね。

弘前城の白い壁と橋の朱塗りがコントラストが鮮やかで、季節にかかわらず人気スポットになっています。

桜まつりの季節は橋の両側に薄ピンクの花が映え、より一層豪華な感じになります。

弘前桜まつり2017

まつりの期間中は露店が多数出て、賑わいます。

青森県内だけでなく、他県からも多くの人が訪れ、外国人の観光客も多く見受けられます。

例年の人出は約200万人だそうです。

イベント

演芸場にて、イベントが行われます。

さくらまつり期間(4月22日~5月7日)限定で、津軽の民謡、手踊り、郷土芸能や三味線演奏などの催しがあります。

また、弘前の特産品などが弘前物産館で販売されています。

弘前桜まつり2017の西濠ボート

濠を囲む桜

この期間の桜を濠から眺めるのも風情があってステキですね。

ボートの定員は3名で1時間1000円になっています。

営業時間は9:00~17:00です。

弘前城について

弘前城

津軽統一を成し遂げた津軽為信が建築を計画し、そのあと2代目になる信枚が1年で築いた居城になります。

津軽藩の中心地として用いられ、廃藩まで260年機能していました。

津軽藩を称える美しい城です。

弘前桜まつり2017のお土産

弘前物産館には、祭り期間中のみお土産が売られています。

また、他にも武徳殿休憩所他、天守閣資料館、植物園南案内所でも購入することができます。

弘前公園周辺にもお土産やさんが何軒かあります。

弘前桜まつり2017周辺のグルメ

弘前駅周辺には、看板メニューがあるお店がいろいろあって、旬の味を味わうことが出来ます。

広前駅から徒歩10分の「北海道レストラン」は、こだわりの食材の料理がたくさんあります。

カキやカニや新鮮なお刺身が味わえるほか、パスタ類もあります。

青森県弘前市城東北3-10-71
0172-28-2355

また駅前には、カフェ・スイーツ店もありますので、駅前でお好みのグルメに出会えます。

まとめ

弘前桜まつりではゴザの貸出(1枚500円)もあり、この期間中は休憩所もできます。

ぜひ、園内での桜の鑑賞の前にパンフレットをもらってくださいね。

観光ボランティアの方がこの期間中ガイドをしてくださってもいます。

観光客も多く訪れ、混雑が予想されますが、それにも増して一面の桜の素晴らしさに感動するでしょう。

他の桜とは一味ちがう桜をぜひ感じてください。

親子で満喫!GW2017の期間とおすすめの過ごし方5選

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です