春のお祝いイースター!どうして卵とうさぎ?2017年はいつになるの?

ペイントしてある卵

街のディスプレイやリクレーション施設ではイースターが近づくと、卵やうさぎが登場しています。

いろいろなイベントでもイースターと関連付けられていることもあります。

今さら、という気がしないでもないですが、イースターの常識をちょっと知っておきたくないですか?

スポンサーリンク

イースターって何?

イースターとは十字架にかけられたキリストが、その3日後に復活したことをお祝いする「復活祭」のことです。

キリスト教信者にとっては、とても重要な日とされていて、クリスマス以上に大切なようです。

紀元325年に世界的な教会の会議(ニカイア公会議)で正式に定められました。

うさぎ

どうして卵とうさぎなの?

イースターといえば、カラフルにペイントされた卵を見かけます。

これを「イースターエッグ」と呼ばれます。

なぜ、卵がつかわれるのでしょう?

卵が使われるのは、「生命のはじまり」を象徴しているからと言われています。

そしてうさぎも使われることが多いですよね。

うさぎは子どもをたくさん生むのです。

そのため、豊かな生命の象徴として考えられているためです。

ペイントしてある卵

2017年のイースターはいつになるの?

イースターの日は毎年変動し、2017年の今年は、4月16日になります。

また、キリストが復活したのが日曜日だったので、イースターは「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」と定められているのです。

それで、今年2017年は4月16日になるのです。

スポンサーリンク

イースターでは何をする?

海外でのイースターのお祝いは、卵料理などのご馳走を食べて卵にちなんだゲームを家族で楽しんだりしています。

イースターの定番ゲームといえば、「エッグハント」と「エッグロール」があります。

どちらも簡単な遊びです。

エッグハント

家の中に卵(エッグ)を隠して、それを見つけるというゲームです。

宝さがしのようですね!

大人から子どもまで、この遊びで盛り上がるそうですよ。

エッグロール

柄の長いスプーンで、卵を転がして、早くゴールさせた方が勝ち、という遊びです。

アメリカではホワイトハウスでこの大会が行われるそうですよ。

とても親しまれているのですね!

海外で親しまれているイースター

キリスト教を信仰している海外ではお祝いされているイースターですが、日本でも行事として、ハロウィンのように定着していくのでしょうか?

イギリスではチョコレートでできたイースターエッグを子どもに渡す習慣があります。

いろいろなチョコレートの種類があるそうです。

日本でも卵型のチョコレートを見かけることがあります。

アメリカではイースターバニーというキャラクターが子どもにお菓子を配るそうです。

各国によって、いろいろ違っていて面白いですね。

卵の殻に絵を描いて飾る

私は子どもの頃、家の近くに教会があって、そこで上手に卵の中身を抜き、卵の殻に絵を描いた思い出があります。

生卵に楊枝や竹串で小さな穴を開けて、中身を下にして、グリグリと中身をかき回したりして取り出します。

うまく出来ないと、大きめの穴になってしまいます。

殻を下にむけると、少しずつ出てくるので、ゆっくりと少しずつします。

中身が全部でたら、洗って乾かし、卵にペイントします。

アクリル絵の具やクレヨン、マジックで大丈夫です。

作るのがとても楽しかった思い出があります。

お弁当

まとめ

春のイベントにもなってきたイースター。

お弁当や食卓にも卵を使って何か飾っても、楽しいかも・・・!

アイデアをいろいろ出して、楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です