神戸の南京町の食べ歩き!アクセスと駐車場おすすめグルメ

南京町入り口

横浜、長崎と並ぶ、日本の三大チャイナタウンのひとつであります、神戸の南京町。

見るものは、食べるものは、そしてお土産は何にしたらいいのでしょうね。

アクセスと駐車場はどうしたらいいでしょうか。

神戸の南京町について

南京町は兵庫県神戸市中央区元町通、栄町通にあるエリアです。

その始まりは古く1870年くらいに遡ります。

神戸港の開港により外国人の居留地が設けられました。

その頃中国(清国)と日本の間には通商条約がなかったため、華僑はその居留地内に住むことができませんでした。

そのため西隣のエリアに住み始めたのが始まりとされています。

南京町というのは元々はそういった中国人街を指す一般名称でした。

それが現在も使われているのはこの神戸南京町のみであり、いま南京町というのはこの地の固有名詞となっています。

ですから横浜、長崎では中華街と呼ばれますが、ここは古くからの呼び名そのままに南京町となっているのだそうです。

規模的には横浜中華街と比べると小さめですね。

東西約200m、南北約100mの範囲に約100軒のお店が並んでいます。

広場

観光地化が進んだのは1980年以降です。区画を広げ、広場や楼門の整備がおこなわれました。

1995年の阪神淡路大震災では被害を受けてしまいました。

しかしそのとき始めた店頭での点心などの販売が好評で、それが今でも南京町の名物となっているそうです。

南京町の店 パンダの豚まん

神戸南京町の交通アクセス

電車・地下鉄

新幹線新神戸駅より、地下鉄山手線県庁前駅下車、徒歩約7分。
 ※タクシーの場合は、約10分

JR神戸線・阪神電車元町駅下車、徒歩約5分。
阪急神戸三宮駅下車、徒歩約10分。
地下鉄海岸線旧居留地・大丸前駅下車、徒歩約2分。
地下鉄山手線県庁前駅下車、徒歩約7分

南京町内は車両の通行はできません。

近隣の駐車場をご紹介します。

・DSS 光明ガレージ 神戸市中央区元町3-11-8 078-321-0856
・トラストパークI.T.B元町パーキング 神戸市中央区北長狭通4-7-6 078-333-6560
・西村元町立体駐車場 神戸市中央区元町通1-14-14 0794-85-2701
・タイムズ中山手通7丁目第2 神戸市中山手通7-2
・タイムズ神戸市立花隅駐車場 神戸市中央区花隅町1

※神戸南京町ストリートマップはこちらから(公式)

神戸南京町の食べ歩きにおすすめ!

神戸の南京町では、店頭で点心スイーツ豚まん、その他の食品が売られています。

味自慢のお店を見ながら歩いていると、とてもおいしそうな匂いも漂っていて思わず誘われてしまいます。

何をテイクアウトしようかと考えながら歩くのもとっても楽しいです。

店頭に豚まん 豚まんが売られている 店頭に豚の丸焼き ちまき

湯気がたっている豚まん!

おいしそう~!

おこわもたっぷりの豚焼きが入っていて、とってもおいしかったです。

老祥記

◯神戸市中央区元町2-1-14 10:00~18:30 売り切れ終了 月曜定休

大正4年創業の老舗豚まん店「老祥記」に行ってみましょう。

いつも長蛇の列です。でも回転が早く10分程度待つだけですよ。

1個90円で3個以上の注文が必要です。

6個以上買うとお店の中でも食べられるそうです。

皮が薄めで中身の味が濃いようです。

南京町のほぼ真ん中の南京町広場の西側にあります。

まずははずせないものですね。

皇蘭

◯神戸市中央区栄町通2-10-6 11:00~21:00 ラストオーダー20:30 無休

「皇蘭」の豚まんもおすすめですよ。

全国的にも有名なようですね。

チャーシュウとシイタケの入った贅沢な作りが受けているようです。

焼き小籠包も食べてみましょう。

外側パリッ、中身はもっちりそしてジュワー。

擬音ではお伝えしきれないですね。

南京町正面角すぐにあります。

益生號(えきせいごう)

◯神戸市中央区栄町通1-3-16 11:00~20:00 月曜定休

「益生號(えきせいごう)」中華デリカも食べましょう。

色んな部位の焼豚が楽しめます。

皮付き焼豚は皮がついたままの三枚肉を、味付けして焼き上げたものです。

パリパリの皮とジューシーなお肉を楽しめます。

南京町広場から南京東道を進み右手すぐ。

Yun Yun

◯神戸市中央区元町通1-2-2 11:00~20:00 ラストオーダー19:30 木曜定休

ケンミン食品直営の「Yun Yun」に行ってみましょう。

色んな種類のビーフンがありますが福建焼ビーフンがおすすめです。

300円でボリュームたっぷりです。

焼小籠包も忘れてはいけません。

香ばしくて熱々です。

[がぶりと食べないでください]という注意書があります。

小籠包を箸で破ってスープを頂いてからかぶりついてください。

3個300円です。

南京町広場から南京東道を進み一つめ目の左手角。

点心倶楽部 楽園

◯神戸市中央区元町通1-3-7 10:00~20:00 月曜定休

「点心倶楽部 楽園」ジャンボ餃子も試してください。

4個300円とお安いですね。

注文してから焼き上げてくれます。

1個が10cmもありますよ。

専用のタレをかけてもらえます。

龍鳳

◯神戸市中央区元町通1-2-5

お土産には何を選んだらいいでしょう?

「龍鳳」のちまきはいかがですか。

大きめの中華ちまきが1個400円です。

もちもちの食感とゴロゴロ具材の食感がなんんとも言えません。

神戸フランツ

◯神戸市中央区栄町通2-9-8

「神戸フランツ」の壺プリンもいいかもしれませんね。

神戸に数店舗を構えるスイーツのお店です。

種類も豊富で買いすぎてしまう人もいるようですね。

おすすめはなんといっても壺プリンでしょう。

本当の陶器の壺に入っているんですよ。

クリームとカスタードプリンとカラメルのバランスがなんとも言えませんね。

アンドリュー

◯神戸市中央区元町2-4-4

「アンドリュー」のエッグタルトもおいしいですよ。

エッグタルトの専門店です。

さくっとしたタルトととろけるカスタードがいいのです。

1個200円から300円くらいです。

神戸南京町ユニークな店頭の飾り物

南京町で私が面白いと思ったのは、店頭の飾り物、置物。

神戸牛がいろいろいました!

牛 牛 牛 パンダの置物

パンダもいますね!

また、スパイダーマンがいたり、人形があったり・・・。

スパイダーマン 人形の置物 人形の置物

とにかく楽しい南京町です。

まとめ

魅力のつきない神戸南京町。

時間が足りなくなりそうですね。

お腹がいっぱいになってもまだ食べたいものが通りに溢れていそうですね。

何回も行ってみたくなります。

神戸ルミナリエのイルミネーションを見る前の腹ごしらえにもピッタリですね!

ぜひ!

神戸ルミナリエ2017の日程と場所の混雑状況!会場へのアクセス

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です