クリオネが飼育できるキットが売られていて話題に!エサは?

クリオネ

クリオネの新種が見つかったとのことで、新たにクリオネのことが話題になってきました!

クリオネが飼育することのできるキットが売られていたりして、ネットでも買えるようになっています。

でも、クリオネを飼うのには、いろいろと大変なのでは、と思い調べてみました。

クリオネはペットに出来る?

クリオネは温度の低い海水の中でしか生きていられません。

そのため、冷蔵庫で飼育します。

が、家庭用の冷蔵庫では普通2~3度あるので、クリオネにとっては、温かい環境になってしまうそうです。

ですからこの状態だと、2~3ヶ月しか生きていられないようです。

水族館のような環境でも、1年くらいしかもたないことが多いそうです。

ちなみにクリオネの寿命は2~3年と言われています。

クリオネのエサは?

クリオネ

クリオネの唯一のエサは、「ミジンウキマイマイ」という種類の貝の一種しか食べません。

「ミジンウキマイマイ」は、クリオネと同じくらいの大きさをしています。

この「ミジンウキマイマイ」は、超レアなもので、クリオネ1万匹の中に5匹くらいしかいないそうです。

そのためか、クリオネは約1年くらい絶食しても大丈夫なのです。

また、クリオネがエサを食べる様子は、結構グロテスクだと話題になっています。

私はテレビでクリオネが食べる所を動画で見ました。

バッカルコーンと呼ばれるクリオネの6本の触手を使って、エサを捕まえ、エサの中身だけを吸い取るのです。

天使のようなクリオネがこういう食べ方をするとは、ちょっとショックですね!

クリオネの値段は?

ペットショップでだいたい2~3匹のセットで売られていて、1匹500円くらいです。

クリオネの買い方は?

1.ビンの中に海水を入れます。

2.その中にクリオネを入れます。

3.冷蔵庫に保管(2度以下)。

4.見たい時、冷蔵庫から取り出して見ます。

また、すぐに冷蔵庫にいれてくださいね。

クリオネの生態

南極海や北極海などの寒い海にいます。

体長は、5ミリ~3センチです。

ですが、今回富山湾で発見された新種のクリオネは、小さいのが特徴で体長が5ミリだそうです。

寿命は2~3年と言われていますが、未だによくわかっていません。

1675年(江戸時代)の文献に記載されていたのは、「クジラ類のエサ」と呼ばれていました。

一般的に見るクリオネの学名は「クリオネ・リマキナ」です。

クリオネ」の意味は「海の妖精」。

リマキナ」は「ナメクジみたいな」という意味です。

和名は「ハダカカメガイ」と言います。

巻き貝の一種で、子どもの頃には、貝殻があるそうです。

大きくなると、貝殻がなくなるそうです。

他にも、南極にいるのが「ナンキョクハダカカメガイ」とオホーツク海で見つかった「ダルマハダカカメガイ」があります。

「ダルマハダカカメガイ」は、新江ノ島水族館で出会えます。

まとめ

クリオネを飼ってみたいと思う人もいると思いますが、冷蔵庫ではそれほど長生きしてくれなそうですね。

見ている分には、かわいいイメージのクリオネですが、捕食する所をみると、ちょっとイメージが変わったりします。

自然って、不思議で面白いですね。

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です