質の良い眠りで身体を回復しよう

ベット

人間は、人生の3分の1を睡眠に当てています

心身の健康のために質のいい睡眠というのは、とても大切になります。

正しい生活は質のいい眠りをつくります。

睡眠の役割には、3つの役割があります。

1つ目は疲れを取り除くことです。

脳の疲れは眠ることでしか回復しません。

脳が休むことがとても大事で、脳が休めば身体も疲労から回復します。

2つ目は代謝と深く関わる成長ホルモンの分泌を眠ることによって、活性化させます。

成長ホルモンは睡眠中に分泌され、血の巡りを良くします。

3つ目は眠ることによって免疫力を高めます。

睡眠中は、交感神経の緊張がほぐれ、副交感神経が働きます。

交感神経は、興奮状態の時に働きます。

副交感神経は、鎮静状態の時に働きます。

そうすると、免疫細胞の働きが活発化し、免疫力が高まります。

体内に睡眠物質がたまることで、眠気はおきますが、これは体温の変化と深く関わっています。

体温が下がると、副交感神経が優位になって眠くなります。

スポンサーリンク

普通、人の体温は午前3時~5時頃に最も低くなり、この時間帯が一番眠くなります。

熟睡するには、体内リズムを整えることが大切で、体内リズムが乱れると不眠に繋がります。

快適な睡眠環境を整えることも大事です。

そして、できるだけ規則的な睡眠時間を確保することが大切になります。

眠る女性

どう快適な睡眠環境を整えたらいい?

1.自分に合う枕を選ぶ

眠る姿勢は背骨が自然なカーブを快適に保てるかどうかが大事です。

仰向けに寝ると、腰が地面から浮いてしまいます。

その空間を埋めて身体への負担を和らげるのが枕の役目です。

枕を選ぶ時は、頚椎(首)の深さが収まる深さを確認すること。

高すぎると背中が浮き、、肩こりの原因になります。

低すぎると、頭が心臓より下がり、血行不良で顔がむくんだり、よく眠れなかったりします。

2.寝返りしやすい寝具

寝返りが楽にできる寝具が大事です。

あまりフワフワの布団だと、寝返りがしにくく、姿勢の面でもよくないので気をつけましょう。

硬すぎず、柔らかすぎずが大事ですね。

また敷布団に触れている部分にこもる湿気や熱は、寝返りを打つことで放出されます。

ですから寝返りがしやすいか確認しましょう。

スポンサーリンク

3.昼寝はしてもいい?

昼寝の時間は15分~20分に。

ちょっとウトウトするだけでも、起きた時頭がスッキリとします。

夜の寝付きが悪くならないように、この時間にとどめておきましょう。

4.カフェインの取り方は?

カフェインは神経を興奮させる成分を含んでいるので、たくさん飲むと眠れなくなります。

一日にとる量をカップ2~3杯で150ml以上のカフェインで寝つきが悪くなると言われています。

5.眠りにいい食べ物は?

個人差もあるが、牛乳には鎮静作用のあるタンパク質(モルヒネ様ペプチド)や、眠りりをコントロールするセロトニンの生成に欠かせない物質(トリプトファン)が含まれていると言われているが、微量であるので眠りを誘うほどの効果はないと言われている。

またサニーレタスには眠気を誘う物質(ラクッシン、ラクットピコリン)が含まれている。

納豆や豆腐など、神経性の不眠に作用するビタミンB12を含む食べ物もあります。

こうして環境を整えて、よい眠りを得て、毎日を快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です