紫外線が肌に及ぼす影響と日焼け防止のための朝食の注意点

日傘を使って

気温が高くなって、強い紫外線が気になります。

紫外線は通年対策が必要ですが、この時期は特に気にかかりますね。

それに、外は暑いのに、室内は冷房で寒かったり・・・。

そんな時には、お肌がかなりのストレスを受けているのです。

スポンサーリンク

紫外線の性質

太陽の光から降り注ぐ光には、波長の短い順に並べてみると紫外線、可視光線、赤外線があります。

紫外線はまた波長の短い順に、UV-C、UV-B、UV-Aというものがあります。

波長が短いほど影響が強いとされており、もっとも有害になるのが、UV-Cになります。

ですがUV-Cは、オゾン層でほとんどが吸収され、地上には届かないのです。

ですから対策が必要なのは、UV-BとUV-Aになります。

シミを引き起こすUV-B

UV-Bは、強力で目に見える形で症状が現れます。

肌が赤くなったり、シミができたりします。

海で日焼けすると、ヒリヒリしますよね。

UV-Bが肌にあたると、細胞が酸化してしまう活性酸素が発生するのです。

そうすると、肌は表皮の下にある基底層のメラノサイトというところで、黒色のメラニン色素を作るのです。

このメラニン色素が表皮が新陳代謝して、上に押し上げられます。

そうすると、シミとして現れます。

シワやたるみの原因 UV-A

もう一つのUV-Aは、波長が長く、穏やかに影響が進行していきます。

お肌の奥の真皮層にまで行き、知らず知らずのうちに進行してきて、気がついた時には深いシワたるみなどを引き起こします

真皮層でコラーゲンエラスチンを変性させたり、ヒアルロン酸を減少させたりする影響を及ぼします。

それによって、肌の弾力などを失わせ、シワやたるみが発生するのです。

このUV-Aは、雲やガラスも通り越して室内や車内にも入り込んできます。

スポンサーリンク

紫外線対策

光から肌を守る

紫外線対策として、真っ先に思い浮かぶのが、肌に日焼け止めを塗ることや、肌の露出を控えることなどですよね。

日焼け止めは2時間おきに塗り直すのが良いとされていますが、なかなか実行は難しいものがあります。

帽子や日傘UVカットの機能がある長袖や手袋、ストールなどで肌に直接日光があたらないようにして、紫外線をカットしましょう。

紫外線は目にも入ってきます。

UV機能付きのサングラスもあるので、それを利用するのもいいですね。

ただの黒いサングラスでは、紫外線を浴びてしまうこともあります。

UVカット機能付きのサングラスにしましょう。

どうしても肌を露出しなければならないところは、やっぱり日焼け止めですね。

上手に使って肌を紫外線から守りましょう。

朝の食べ物に気をつける

果物やグリーンジュース

紫外線を浴びると、活性酸素が発生して、シミなどができやすくなります。

この活性酸素の抑制に活躍してくれるのが、ビタミンCやE、A、ポリフェノールなどがあります。

この中でも特に気をつけたほうがいいのものが、柑橘系の果物なのです。

柑橘系はビタミンCがたっぷりで、お肌にいかにも良さそうですよね。

ところが、柑橘系の果物や野菜には、「ソラレン」という紫外線を吸収しやすい成分を含んでいるのです。

ソラレンは食べてから約2時間くらいで体内に広がって、そのあと約8時間くらいで代謝されるそうです。

ですから、これから陽の光に当たるであろう朝には、控えた方がいいのですね。

オレンジ

柑橘系でソラレンを含む果物には、オレンジ・レモン・グレープフルーツ・いちじく・キウイなどがあります。

野菜でもソラレンを含むものはあります。

きゅうり

ニンジン、キュウリ、パセリ、セロリ、小松菜、春菊、シソ、三つ葉などです。

朝、ジュースにして飲んだりすることが多い人もいると思いますが、これらを避けて作りましょう。

加工食品にも注意してください。

加工食品には、日光に肌が過敏してシミができやすくする傾向があるのです。

あとは、朝からアルコールを飲む人はあまりいないと思いますが、前夜のアルコールが残っていたりすると、よくありません。

アルコールも日焼けしやすくするといいます。

紫外線から守ってくれる食べ物

ビタミンAうなぎや卵黄、バター、レバー、トマト、バターが抗酸化作用になります。

ビタミンCイチゴ、大根、海苔、緑茶、ブロッコリー、カリフラワー、赤ピーマンが抗酸化作用とともにシミ予防になります。

ビタミンEアボガド、サンマ、ナッツ、ごまなどが家政酸素を抑制してくれ、新陳代謝にいいです。

その他、ビタミンB2、亜鉛、リコピン、ポリフェノールなど、バランスよく採っていきましょう。

チョコレートにもカカオ成分に紫外線予防効果や美白効果があるといいます。

甘みの少ないビターやダークチョコレートがいいでしょう。

もちろん、ソラレンを含む果物や野菜も夕食の時などに採っていきましょう。

体にいい働きもたくさんありますからね。

毎日の生活リズムを整える

肌のターンオーバーを促して、メラニン色素を排出しやすくしましょう。

そのためには、生活リズムや食生活を規則正しくすることが大切です。

睡眠不足にも気をつけましょう。

睡眠は新陳代謝を活発にして、成長ホルモンが肌の生まれ変わりを助けます。

できれば午前0時までには寝て、一日6時間以上の睡眠時間をとりましょう。

まとめ

紫外線に加え、年齢とともに肌のターンオーバーも低くなってきます。

シミ、シワ、たるみなど、心配がいっぱいになりますね。

美肌を保つためにも、抗酸化に役立つ食物を内側からとりつつ、外から有害な紫外線をできるだけ入れないようにしていきましょう。

紫外線対策のポイント!いつから?どうすれば?子どもには?

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です