宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)チケット割引と口コミ評判

惑星から見た地球

いろいろな視点から心地よく宇宙を楽しむエンタテインメントミュージアムです。

宇宙に関するさまざまな展示がされていて面白そうですね。

なんと今話題の映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とコラボしていて、この映画のチケットを提示するとTeNQの当日入館券が200円引きになるそうですよ(10月15日まで)。

どうなっているのでしょうね。

スポンサーリンク

TeNQとは

「宇宙を感動する」っていうコンセプトのミュージアムです。

「心打つ星空、圧倒的な宇宙空間、最先端のサイエンス、宇宙からインスピレーションを受けたカルチャーなどを楽しめる新しいエンタテインメント施設です。

これまでと違った視点から、「なるほど!」「もっと知りたい!」「誰かに話したい」という心地よい好奇心が味わえます。」

展示・運営には

東京大学総合研究博物館
宇宙航空研究開発機構
国立天文台
三菱重工株式会社

などというそうそうたる組織が関わっているそうです。

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)基本情報

【所在地】東京都文京区後楽1丁目3番61号

【料 金】
 一般当日券
 一般 1,800円
 シニア(65歳以上) 1,200円
 学生(高校/大学/専門学校性) 1,200円
※再入場館券は上にプラス600円
※セブンチケットで再入場券を購入すると、プラス300円になります。
※4歳未満の子どもは入れません。

【営業時間】
 平日 11:00~21:00 (最終入館 20:00)
 土日祝・特定日 10:00~21:00 (最終入館 20:00)
 休館日:12月5日(火)
 特定日は春夏冬休みなど
 年中無休
【アクセス】
 東京ドームシティー内 6F(黄色いビルです)
 JR総武線水道橋駅、東京メトロ丸の内線後楽園駅からすぐ
【お問い合せ】
 03-3814-0109

TeNQ(テンキュー)チケット情報・お得情報

TeNQ(テンキュー)チケットはシアター宙(ソラ)の上映時間に合わせて、15分ごとに入館するようになっています。

混雑状況によっては、希望の時間に入館できないことがあります。

できれば、事前予約すればそういうことはありません。

また、事前予約では、通常料金の200円引きになりますよ。

できれば事前予約した方がお得ですよね!

事前予約はオンライン、またはセブンイレブンチケットで購入できます。

公式料金表・オンラインチケット
https://www.tokyo-dome.co.jp/tenq/ticket/

セブンチケット
http://7ticket.jp/go/l000008

乗換案内 ジョルダンクーポン
https://cp.jorudan.co.jp/coupon/spot/TRV10486/
※無料会員登録がいります。

●当日券情報(公式)
http://www.tokyo-dome.co.jp/tenq/door/ticket.html

TeNQ(テンキュー)展示内容

エントランス

中に入っていくと、すーっと世界が変わっていくようです。
今までいた普通の世界から宇宙空間へ入り込んでいくような。
あるいはひょっとしら超宇宙オタクの友達のすごい家に遊びにいったかのような。
宇宙についての本や、地球儀そのほかのいろんな宇宙に関する模型が飾ってあるんですよ。
きっとその友達がいちいち詳しく説明してくれるでしょうね。
そんな感じを味わえます。

トンネル0

メインエリアへ行く通路がトンネルのようになっています。

どんなことが体験できるのか、ドキドキしますね!

はじまりの部屋

全幅約20m、全高4.5mのプロジェクション・マッピングになっています。

プロジェクション・マッピングの映像時間は約5分間です。

様々な時代の宇宙観を現しているそうです。

キューブに画像が投影され、古代から現代までの人間の宇宙へ馳せた想いが現れます。

シアター宙(ソラ)

直径11mの大きな穴がシアターになっていて、周りから覗き込んで見るようになっています。

最新鋭の4Kの高解像度の映像です。

その迫力はとてもすごくて、感動ものです。

サイエンス

ここは、東京大学総合研究博物館との産学連携プロジェクトとなっており、学術イベントが行われています。

ただ今の常設は、火星研究プロジェクトです。

ここでは太陽系の最前線の本物の実際のデータなどが見れます。

現在進行系というのは、凄いですね!

イマジネーション

見て触って操作して楽しめる遊び心のあるスペースになっています。

ちょっと腰掛けて休めるスペースもあります。

また、「ミッションラリーQ」というオリジナルゲームが用意されています。

有料で300円500円の2種類があります。

このゲームの所要時間は大人1人~2人で約1~2時間になります。
(販売は19:30まで)

企画展・イベント

一定期間で入れ替わる展示があります。

年に数回のお休みがあります。

つながる場所

ちょっとした空間で宇宙を体感。

ここで記念写真を撮れるスポットも用意されています。

TeNQ宇宙ストア

宇宙に関するグッズが揃っています。
などなど宇宙に関するさまざまな展示がされています。

スポンサーリンク

TeNQ3周年特別企画展

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」xTeNQ

『打ち上げ花火、地上(した)から見るか?宙(そら)から見るか?』
が行われています。(10月15日まで)

「宇宙と、夏の風物詩・花火。

一見すると繋がりのないように思える両者ですが、私たちの頭上に広がり、美しい世界を見せてくれる存在に変わりありません。
この映画のストーリーのカギとなる”もしも”にフォーカスし、映画の世界に触れながら、
“もしも”の視点を宇宙に拡げます。

TeNQならではの切り口で映画から花火と宇宙に迫ります。」

とのことで、宇宙航空研究開発機構や国立天文台の協力によるこの展示、見に行きたくなりますね。

※企画イベント情報(公式)
http://www.tokyo-dome.co.jp/tenq/exhibition/10/

さて、せっかくですからこの映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』も見に行ってください。

広瀬すずさんと菅田将暉が主演二人の役(声)をつとめています。

これだけでも見に行く価値がありますよね。

さらに映像が綺麗です。

今の日本の超一流のアニメ映画制作スタッフによって作られた映像はこれまた見に行く価値がありますよ。

打ち上げ花火や自然の風景、実写を超える素晴らしさがあると思います。

そしてもうひとつ見逃せない(聞き逃せない)のが DAOKO x 米津玄師の歌う主題歌「打上花火」です。

もうテレビなんかで何度も聞かれましたよね。

DAOKOのせつなげな歌声と米津玄師のクールな歌声が頭から離れなくなります。

夏が終わるときのせつなさを美しい歌詞とメロディーで歌い上げていますね。

天才、米津玄師の代表作のひとつになるでしょう。

曲の中に入り込んでしまうと、劇場で涙が止まらなくなるかもしれませんよ。

さあ、映画もTeNQもどちらもいってきて下さい。

TeNQ(テンキュー)の気になる口コミ評判は?

TeNQ(テンキュー)は、価格に比べて内容が物足りないという人もいます。

それぞれ感じ方、見方によるものでしょう。

人気があるのは、やはり目玉の「シアター宙(ソラ)」ですね!

宇宙にいる実感が迫ってきて、感動します。

また、「ミッションラリーQ」という謎解きゲームに人気が集まっています。

これをやらないと、「物足りない」という感想になってしまうのかもしれません。

ガチャガチャのケースがあって、300円か500円入れると、カプセルが1つ出てきます

その中にミッションが書いてある紙が入っていて、それをやっていきます。

全てミュージアムの中に答えが隠されているので、ミュージアムの中で宝探しをする感じです。

解いていくと最後にこのミッションの仕掛けがあり、それがかなり興奮ものなのです。

でも、解いていくのに時間がちょっとかかります。

1~2時間くらいの人が多いようです。

でも、これを解いていくと、宇宙のことに詳しくなりそうですよ。

デートにもいい感じです。

まとめ

TeNQ(テンキュー)は、都心にある駅から近い施設としては行きやすいですね。

宇宙を感覚的に楽しめる場所として、行ってみてはと思います。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です