千鳥ヶ淵の桜2017開花や見頃はいつ?夜桜のライトアップ時間は?

千鳥ヶ淵でボートに乗って

皇居の周りの桜は、駅からも近くて便利で毎年人気を呼んでいます。

今年も花見の季節がやってきました。

千鳥が淵の桜は皇居のお堀の水に桜が延びていたり、桜の木のトンネルの緑道がロマンチックで、公園もすぐ近くにありとてもステキで便利なところです。

私も大のお気に入りです。

ここではそんな千鳥が淵の桜について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

千鳥ヶ淵の桜 2017見頃と位置情報

【さくらの見頃】3月下旬が満開か?(まだ発表はありません。発表あり次第更新します
【所在地】 九段南2丁目から三番町先
【電 車】 東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線
【アクセス】
・「九段下駅」の2番出口から徒歩5分(千鳥ヶ淵緑道の入り口まで)
・「半蔵門駅」の5番出口から徒歩5分(千鳥ヶ淵緑道の入り口まで)
【千代田区】

【千代田区のさくら祭り2017】まだ未発表
千鳥ヶ淵のさくらも「千代田区のさくら祭り2017」の一環としてあり、千代田区では、千鳥ケ淵緑道・靖国神社・神田明神・皇居東御苑等のさくらを紹介しています。
公式ホームページでは3月下旬になると、開花情報もアップされるので、参考にしたいですね。

千代田まちマップ

千代田区観光協会 千代田のさくらまつりホームページ(Googleマップあり)

千鳥ヶ淵の桜 2017

千鳥ヶ淵緑道の入り口の銅像 桜アップ

千鳥ヶ淵緑道は、ソメイヨシノオオシマザクラが咲く遊歩道になっており、約260本もの桜が出迎えてくれます。

千鳥ヶ淵緑道の桜はこの緑道の両側にトンネルのように植えられており、対岸の皇居の桜もとてもきれいです。

この緑道は約700mもあるんですよ。

そしてすぐ隣に首都高があるのですが、そうは思えないちょっとゆったりと歩ける緑道です。

この時期の千鳥ヶ淵緑道は、混雑のため、一方通行になっています。

素晴らしい枝ぶりの桜を眺めながら歩きましょう。

千鳥ヶ淵緑道入り口付近

千鳥ヶ淵の桜 2017のライトアップ

例年通り今年も行われるようです。

まだ、正確な発表はないようなのですが、「千代田さくらまつり」の期間中になります。

例年日没(18時頃)~22時まで緑道一帯の桜がライトアップされます。

桜に負担をかけないようにLEDを使用しているとのことです。

天候等の理由で変更がある時もあります。

千鳥ヶ淵の桜 2017、見所など楽しみ方

千代田さくらまつり」の中で一番の人気が千鳥ヶ淵の桜です。

そのため毎年100万人以上の人が訪れています。

とても混んでいるので、千鳥ヶ淵緑道を歩いている時は、そこでは敷物などを敷いて休んだりできません。

休憩する場合は、近くの公園にしましょう。

また、千鳥ヶ淵緑道にはボート乗り場があり、ボートに乗って桜を眺めることができます。

夜桜をボートに乗って、楽しむこともできるんですよ。

が、大変な人気で毎年行列ができていますが・・・。

また、九段下駅近くと、千鳥ヶ淵緑道にはボート乗り場近くと、靖国神社に「さくら観光案内所」ができ、さくらグッズなどを買うことができます。

このさくらグッズは、老朽化して伐採された桜の木を使って、グッズにしたものです。

数量限定ということです。

ぜひ、記念にどうぞ。

まつりの期間中は、無料のシャトルバス(2日間のみ)が運行されます。

千鳥ケ淵 ボート場

千鳥ヶ淵ボート場

さくらまつり期間中は無休で営業しています。

夜間はライトアップした桜も見れるので、とっても人気があります。

19時頃には販売を終了してしまうこともあるそうです。

※以下は昨年のデータです。
参考までに。

アクセス:東京都千代田区北の丸公園1
実施期間:さくらまつり期間中
営業時間:9:30~22:00(乗船券の販売 19:30まで)
乗船料:800円(30分)※観桜期

千鳥ヶ淵 シャトルバスの運行ルート(さくら祭号)

※3月下旬の土日の2日間(日程未定)
始発 10:00~ 最終便 18:00
運行間隔 約15分

丸の内→竹橋毎日新聞社前→千代田区役所→神保町新世界前→小川町スポーツ店街→淡路町老舗店→秋葉原和泉橋船着き場前→日本橋室町一丁目三越前→日本橋南詰船着き場前→丸の内

千鳥ヶ淵の花見で心がけたいこと

だいたいの人は地下鉄の九段下駅から緑道を歩く人が多いようです。

九段下のトイレの行列

そのため、駅のトイレは大変混雑します。

できれば他で行っておいた方がいいでしょう。

また千鳥ヶ淵緑道には屋台などはありません。

屋台を利用したい場合は、靖国神社にたくさん出ています。

近くのコンビニも売り切れの商品も出ているようです。

できれば必要と思われるものは持参しましょう。

お弁当を広げて

お弁当などゆっくり食べたい場合は、千鳥ヶ淵公園、北の丸公園などがいいでしょう。

千鳥ヶ淵公園は敷物を敷く場所が指定されています。

桜ももちろんですが、桜以外のたくさんの花も咲いており、敷物が敷けるように指定場所があります。

れんげツツジ カイドウ

子連れさんに

満開の時期は大変混み合います。

できれば満開は避けた方が無難です。

また授乳やオムツ替えが必要がある場合は、北の丸公園の北の丸休憩所でできます。

千鳥ヶ淵緑道のボート乗り場を出るところにあるトイレでオムツ替えができます。

千鳥ヶ淵の桜 2017 周辺おすすめスポット

千鳥ヶ淵公園の桜

葉の花と桜

皇居の西側に位置する千鳥ヶ淵公園は、英国大使館側にあります。

ソメイヨシノやヤマザクラなど約170本の桜を楽しめます。

お濠の菜の花と桜のコントラストがきれいです。

靖国神社の桜

靖国神社の鳥居前

靖国神社でもかなりの人でとても賑やかです。

千鳥ヶ淵と同じく九段下駅から日本武道館を左に見た靖国通りを少し行ったところに大きな鳥居が見えるので、すぐにわかります。

靖国神社境内の桜は、ソメイヨシノ、ヤマザクラなどの桜が約400本あります。

その境内のソメイヨシノが、東京の桜の開花宣言の基準の桜の木になっていることは有名です。

靖国神社では屋台がたくさん出て、約200店舗ということです。

すごい数ですね~!

みんな思い思いに覗いて食べて、楽しんでいます。

見ているだけで楽しいですね。

国会前庭

【所在地】 千代田区永田町1-1-1
【アクセス】 
 有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」徒歩5分
 丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」徒歩7分

国会議事堂の真正面の庭園(公園)です。

約6万平方メートルの敷地面積があります。

ここの桜は遅咲きで、10数種類があります。

いろいろな種類の桜を楽しめ、また桜が長めに楽しめるので隠れた人気スポットとなっています。

お花見を見逃してしまった方にもおすすめ。
まとめ

千鳥ヶ淵の桜は毎年大変混雑しますが、一方通行になっているので、それほど気にならなく鑑賞できます。

風に揺れる桜は本当に美しいですね。

花びらがひらひらと散る様もステキです。

桜の満開の時期はあっという間です。

ぜひ、お見逃しないように。

上野公園桜2017のアクセスは?お花見の屋台はいつまで

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です