六義園の桜開花情報2018!ライトアップの期間や混雑は?

六義園入り口

六義園の桜といえば、有名なのはしだれ桜ですね。

このしだれ桜は、国の特別名勝にも指定されていて、大きくて雄大な枝ぶりは見事で、高さ約15m、幅は約20mになります。

夜になると、妖艶に変貌してその姿を見せてくれます。

今年はいつ頃開花を迎えるのでしょうか。

今年も混雑するのでしょうか。

スポンサーリンク

六義園の桜の見頃はいつ

3月下旬頃となる予定です。

開花予想日は3月15日(木)で、満開予想日は3月22日(木)となります。

例年の見頃は、3月中旬から4月の上旬です。

ソメイヨシノの開花と六義園のしだれ桜は多少満開の時期がずれていて、六義園のしだれ桜の方は少し早い満開の時期となるでしょう。

六義園の桜2018しだれ桜と大名庭園イベント

【日 程】2018年3月21日(水)~4月5日(木)

【所在地】東京都文京区本駒込6-16-3
【時 間】9:00~21:00(最終入園は20:30まで)

【料 金】一般300円、65歳以上150円
    (小学生以下・都内在住・在学の中学生は無料)
【アクセス】JR山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」 徒歩7分
      都営地下鉄三田線「千石駅」徒歩10分
【駐車場】なし(近隣にも小規模なものがほとんどで電車がおすすめ)

※21:00まで鑑賞できるのは、この期間のみになります。
また、混雑した場合は立ち入り制限になることがあります。

六義園しだれ桜ライトアップ

六義園の桜2018ライトアップ

【ライトアップ期間】3月21日(水)~4月5日(木)
【ライトアップ時間】日没~21:00(最終入園は20:30まで)

【さくら茶屋・抹茶茶屋】9:00~20:00頃まで

六義園の桜2018

六義園はしだれ桜が有名ですが、その他にはソメイヨシノヤマザクラ他などが咲きます。

『吹上茶屋』の周りに40本ほどあり、こちらはしだれ桜ほどは混まないで比較的ゆっくりと見ることができます。

六義園の桜2018混雑回避情報

六義園の行列

六義園のしだれ桜は、絶好の写真の人気スポットです。

ライトアップ時で満開の時は、桜のピンク色が滝のように見え、とても幻想的です。

そのため多くの人が来園します。

例年の人出は、この期間は20万人にもなります。

 

桜を鑑賞したい人と桜の写真を撮りたい人で大変混雑しています。

宴会やシートを敷いて見たりはできないので、その点は混雑が停滞するということはなく、動きがあります。

 

特に土・日は当然ながら一番混み合います。

土・日に行かれる方は覚悟して行ってください。

チケット売り場には多くの人が行列を作っています。

混雑を回避するには

六義園の桜のイベント中は、いつもは閉まっている「染井門」が空いていて、こちらの方が駒込駅からも近くて人が並んでいると並んでしまうのですが、その先に「正門」があるので、そちらの方がいくらか人の行列も少ないかもしれません。

また「正門」のすぐ近くに「しだれ桜」があるので、チケットを購入して入れればすぐ見ることができます。

「正門」の前に「しだれ桜」があるということは、そこは大変混雑しているのですが、それはチケットを買うための人のためとは限りません。

みなさん、カメラを構えているからなのですね。

どっちにしても混雑していることには変わりありませんが、少しでも時間が節約できるといいですね。

スポンサーリンク

六義園の桜の園内茶屋他

園内には屋台は出ません。

また、本格的な食事を食べられるところもありませんし、座ってお弁当を食べる所もありません。

 

ですが、ベンチはありますので、そこでおにぎり程度はいただけるかも。

また桜の記事には特設の売店も設けられるようなので、そこで休むことができるかもしれません。

 

六義園のお花見では茶屋があり、そこで一休みすることができます。

桜を見ながらゆっくりお茶やおだんごなどを頂くのもいいものですよ。

さくら茶屋

団子、桜茶など軽飲食、お土産の販売あり
9:30~20:00(ラストオーダー19:30)
(けやき広場近く)

吹上茶屋

抹茶と和菓子のセット 500円
9時~20時30分(ラストオーダー20時)
(庭園の奥)

心泉亭

抹茶と和菓子のセット 500円
平日 12時~20時(ラストオーダー19時30分)
土日祝10時30分~20時(ラストオーダー19時30分)
(しだれ桜近くの集会場)

休憩所・売店

飲み物他
「出汐の湊」近く)

六義園の桜の近隣見処・食事情報

歩いて20分ほどの所に「旧古河庭園」があります。

公園の東側の本郷通りを北へ20分くらいのところです。

少し距離がありますが、散歩がてら歩こうと思うのでしたら、六義園旧古河庭園の両方に入園できる「園結びチケット」というのがあり、六義園の入場料は一般300円ですが、両方の入場で400円になりますので、お得です。

 

食事を撮りたい場合は、駒込駅近くにいろいろな飲食店があります。

また、六義園近くの蕎麦屋「六義園長寿庵」、「トラットリア ダ コヴィーノ」、「ブロシェットナミオカ」という所もあります。

<六義園長寿庵>
東京都文京区本駒込6丁目15-10
営業時間 11:00~15:00 18:00~21:00
03-3944-0376

夜は少々高いのですが、お昼のランチは手頃な値段であります。
けっこう人気があります。
<トラットリア ダ コヴィーノ>
東京都 文京区 本駒込 2-28-30 1F
駒込駅から571m

焼き鳥やさんですが、ランチもやっています。
<ブロシェットナミオカ>
東京都 文京区 本駒込 6-14-1
JR駒込駅南口から 徒歩8分

駒込駅前の桜

まとめ

六義園のしだれ桜は一度は見たい桜です。

混んでいてもぜひ、行きたい所ですね。

やっぱり平日の昼間に行くのがお勧めです。

特に朝早くだといいかもしれません。

開門直後が狙い目です。

今年もステキな桜の姿を見せてくれることでしょう。

関連記事

→ 上野公園桜2018のアクセスは?お花見の屋台はいつまで

→ 目黒川の桜まつり2018日程とぼんぼりライトアップの時間

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です