弘前さくらまつり2018は100周年!日程と桜の見どころ

弘前城

北国の春は忙しいんですよ。

東京辺りだと3月の終わりには桜が咲いて、ああ春だなあって思えますよね。

でも北国ではまだです。雪も融けつつありますがまだまだ冬なのです。

スポンサーリンク

弘前公園の春

弘前公園は北国で寒いんですよ。

でも入学式は日本全国と同様に4月の初めには行われます。

まだちょっと雪が残っている中でお母さんに手を引かれた1年生が小学校の門をくぐります。

小学生

寒くったって元気一杯ですよ。

そして半月ほどしてやっとクラスのみんなの名前も覚えて楽しく遊べるようになった頃に桜が咲いてくれるのです。

さあここからが北国の春なのです。

でもこのあと、梅雨入りしたり真夏になったりするのは他の地域とそんなに変わらないんですよ。

桜と弘前城

ですから桜から始まって春の花はそのあと一斉に咲きだします。

短い春を惜しむかのように。

北国の春は忙しいのです。

そんな北国、青森県弘前市の桜まつりをご紹介します。

弘前公園を中心に行われます、青森一の桜まつりですよ。

弘前さくらまつり2018詳細

【開催期間】2018年4月21日(土)~5月6日(日) 
【会場】弘前公園(国指定史跡「弘前城跡」) 

【有料区域および有料時間】本丸・北の郭 
・4月21日~22日 9:00~17:00
・4月23日~5月5日 7:00~21:00
・5月6日 9:00~17:00
・弘前城植物園 9:00~18:00(入園券の販売は17:30まで) 

【入園料】
 本丸・北の郭 大人310円 小人100円 
 弘前城植物園 大人310円 小人100円 
 共通券 大人510円 小人160円 

【夜間特別照明】日没~22:00

【露店の出店時間】 9:00~21:00

【アクセス】
JR函館駅から車で約2時間
隣接駐車場:1時間\800 –

※詳しいアクセス情報は公式ホームページへどうぞ。
とても詳しく、いろいろな方面からのアクセス情報が掲載されています。

弘前さくらまつりの桜の見どころ

園内には、ソメイヨシノ、シダレザクラ、八重桜など、約50種類2600本の桜が咲き誇っています。

弘前公園内のソメイヨシノは、樹齢100年を超えた老木でも1つの花芽から咲く花の数が4個から5個も咲くのです。

桜

この花の数が多いのが特徴なので、満開になると花のボリュームに見応えを感じます。

どっしりとした優雅な姿で、見ごたえがある桜となっているのです。

まさに見に行く価値のある桜なのですね。

一番いい時期は、桜まつり期間中ですね。

2018年の満開の桜は、4月23日~5月3日くらいが狙い目かもしれません

散り行く桜の時期

桜の絨毯

この時期もまた趣があって、ステキです。

そして散り行く桜のその花びらがまた見事に最後を飾るのです。

濠の水面を桜色に染め上げ「桜の絨毯」、そして流れていくのです「花筏」。

目を奪われてしまいます。

お濠が本当にすっかりピンク色になるのです。

人工的にこんな色の水を作ろうとしても絶対に無理でしょうね。

水辺と桜

書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも取り上げられているのです。

ただし、現在、弘前城本丸石垣修理中のため、お濠をいい位置から見ることが出来ないかもしれません。

万一の大地震の発生に備えてのことですからやむをえませんね。

2016年から本格的な工事が始まっていまして、完全にもとに戻るまでには10年ほどかかるそうです。

スポンサーリンク

弘前さくらまつり100周年

この弘前さくらまつりは歴史あるお祭りなのです。

1918年(大正7年)に弘前商業会議所(現・商工会議所)の外郭団体である弘前商工会が「弘前観桜会」を始めたのがその端緒なのです。

今年2018年でちょうど100年となります。

桜並木

1961年(昭和36年)から「弘前さくらまつり」という名前になっています。

またこの弘前公園に初めて桜が植えられましたのは、1715年(正徳5年)とされています。

弘前藩士が京都の嵐山からカスミザクラなどを持ち帰って植えたのだそうです。

その後、明治時代に1000本のソメイヨシノが植栽されたのでした。

1895年(明治28年)には弘前城跡が公園として一般解放されることとなりました。

弘前さくらまつりの屋台

さくらまつりでのお楽しみのひとつは露店、屋台ですね。

およそ200件のお店が出ていますよ。

津軽伝統の生姜味噌おでん黒こんにゃく、そしてお団子いちご飴など色々ありますね。

お化け屋敷や遊具施設などでもお楽しみください。

弘前さくらまつりのグルメ

実は弘前はグルメの街でもあるのです。

伝統と新しい文化が融合したいろんなお店で美味しいものが楽しめるのですよ。

八重桜

・たかはし中華そば店

1982年創業。屋台から始まったそうです。

煮干の出汁からとったスープは最高に美味しいのですね。

青森県魚介系ラーメンを代表する味なのです。

【所在地】弘前市撫牛子1-3-6
撫牛子駅から294m 

【営業時間】 11:00~16:00(LO15:45)

・レストラン山崎

知る人ぞ知るのフレンチレストランです。

おしゃれなお店ですよ。

完全無農薬、無肥料の「奇跡のりんご」を使用したりんごの冷製スープを味わってみてください。

【所在地】弘前市親方町41
中央弘前駅から徒歩約12分

【営業時間】11:30~14:00 17:30~20:30

・オステリア・エノテカ・ダ・サスティーノ

本格イタリアレストランです。

食材のほとんどは、シェフが自ら生産し加工しているのだそうです。

弘前で絶対訪れたいおすすめのお店なのです。

【所在地】弘前市本町56-8 グレイス本町2F
 中央弘前駅から徒歩約5分
【営業時間】18:00~21:00

・高砂

美味しいお蕎麦のお店です。

一番人気は天ざる。

のど越しよい細めの蕎麦に、ぷりぷりの海老天がたまりませんね。

鍋焼うどんやカレー蕎麦もお試しください。

【所在地】弘前市大字親方町1-2
 中央弘前駅から徒歩約15分
【営業時間】11:00~18:00

・常寿し

新鮮なうにやいくら、その他お好みの海の幸が揃っていますよ。

おすすめの地酒も試してください。

【所在地】弘前市大字新鍛冶町9-2
中央弘前駅から徒歩約5分

この春は弘前で桜とグルメを楽しんでみましょう。

まとめ

弘前公園はとても桜で有名です。

一度は訪れて桜を眺めてみたいと思うところですね。

ぜひ、桜を楽しんできてください。

河津桜まつり2018 開催情報!見頃や混雑状況とアクセス

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です