亀戸中央公園は穴場!梅と桜とさざんかとあんずの花が咲く!駐車場は?

亀戸中央公園は広々としているわりには、あまり人が大勢来ないところなので、かなり穴場です。

時期によって、冬はさざんか、そして段々とあんず、早春にはの花が楽しめるようになります。

 

広くてゆったりとしているので、お弁当を持っていって、楽しめます。

子供用の遊具もあり、夏場は水遊びもできるので子連れでも大丈夫でしょう。

花は花壇にいろいろ植えられており、手入れが行き届いています。

[ad#ad1]

亀戸中央公園概要

JR総武線「亀戸駅」から歩いて15分位のところにあります。

東武亀戸線「亀戸水神駅」からだと徒歩2分くらいです。

 

入り口のところには桜の木があり、満開の時はとてもきれいです。

東京スカイツリーが見え、桜の咲く頃には桜とスカイツリーが一緒に写真を収めることができます。

亀戸中央公園 スカイツリーを望む

そして梅林とあんずのコーナーもあります。

あんずの花は珍しいですよね。

杏の花はスポーツセンターの裏手の方にありますよ。

 

梅林には結構な梅が植えられています。

梅とあんず、桜の花が同時に楽しめるということではありませんが、行ってみる価値のある静かな落ち着く公園です。

 

冬は、この公園では「サザンカの名所」としても知られています。

「サザンカ」の種類がわかるように立て札もあり、サザンカの看板もあって理解を深められます。

 

梅とあんず、桜の花はそれぞれに咲く時期が少しずれているのです。

ですから満開の時期が多少ずれても、何かしら楽しめるということです。

 

そして、亀戸中央公園の脇には旧中川が流れていて、景色もいいところです。

早咲きの桜が向こう岸(江戸川区)に咲くのも見ることができます。

とてものんびりしていて、くつろぐことの出来る公園です。

亀戸中央公園アクセス

【所在地】 江東区亀戸八・九丁目
【開園日】 常時開園
【料 金】 無料
【定休日】 なし
【アクセス】 東武亀戸線「亀戸水神」下車 徒歩2分
       亀戸駅15分
【面 積】 103,205.34平方メートル

亀戸中央公園の駐車場は?

専用の駐車場はありません。

近くの民間の駐車場を利用してください。

コインパーキングがいくつかあります。

※民間の亀戸中央公園近くの駐車場情報

[ad#ad2]

亀戸中央公園紹介

亀戸中央公園地図

亀戸中央公園はABCの3地区に分かれている公園です。

ABCの3地区に分かれている公園

A地区 中央広場、時計塔、アスレチック風の木製遊具

B地区 人工池(流れあり)、芝生の憩いの広場

C地区 運動広場、多目的球技場、テニスコート、児童コーナー(ターザンロープ等の木製遊具あり)

亀戸中央公園の飲食は?

この公園の中に売店はありませんが、スポーツセンターの中に自動販売機があり利用できます。

スポーツセンターの中には、椅子とテーブルが置かれています。

自動販売機には、飲み物の他、アイスクリームがあります。

亀戸中央公園の桜

亀戸中央公園 A地区桜 亀戸中央公園 A地区 桜

A地区の入り口からもうが見れて、公園の中に足を踏み入れると、広い広場の周りには桜の木がいっぱい植えられています。

 

遊歩道があり、たどるとB地区、C地区へつながっています。

 

このA地区から眺めると、桜の構図とスカイツリーが撮れます。

B地区にあんずと梅林があり、梅がたくさん咲いている頃には、梅の香りが漂っています。

 

B地区には水が流れているので、夏場には子どもたちの格好の遊び場となっています。

あずま屋やベンチもたくさんあり、また芝生もあるので、お弁当を広げるのもいいところです。

 

C地区へ向かうと、これまら素晴らしい桜並木が見れます。

C地区へ行く途中に旧中川の方へ降りる道があります。

江戸川区 河津桜 旧中川からスカイツリーを望む

その道を降りても向こう岸の河津桜も見え、すがすがしいです。

川の側を散策することもできます。

グラウンドの周りの桜

C地区のグラウンドの周りにも桜がたくさんで、とても楽しめます。

一周できるようになっていて、桜並木をずっと歩くことができます。

亀戸中央公園の梅

亀戸中央公園の梅 亀戸中央公園のB地区の梅 梅の説明看板

B地区の端の方に梅林はあります。

ここの梅は都内屈指の梅林なのですが、梅の種類は「豊後梅」になります。

豊後梅」は香りも強く、色も鮮やかです。

亀戸中央公園のあんず

あんずの看板

あんずはB地区の亀戸スポーツセンターの近くの横の一角にあります。

あまり目立たない花なのですが、梅や桜と同じバラ科の木です。

亀戸中央公園のサザンカ

サザンカの看板 サザンカの説明看板

サザンカは中央公園の入り口に入ったA地区の遊歩道の脇にもありますが、奥のC地区の入り口当たりにたくさん植えられています。

 

ですが、サザンカは冬場に咲くので桜の時期には見ることができませんが・・・。

いろいろな種類のサザンカがあり、標識もついていて、名前がわかります。

花の少ない真冬を彩る素敵なサザンカです。

他の花もいろいろ

花壇には他の花もたくさん植えられていて楽しめます。

またサンゴジュ、モクセイ、イスノキ、クロマツ、サツキなども見ることができます。

かいどう ボケ

亀戸中央公園近くのオススメランチ

亀戸餃子本店

【住所】東京都江東区亀戸5-3-4
【電話】03-3681-8854
【休み】無休
【営業時間】11:00~18:30
【アクセス】亀戸駅から126m

ここは人気の餃子屋です。

メニューは餃子と飲み物だけしかありません。

 

昼過ぎは結構並んでいますが、回転が早いので思ったより早めに進みます。

餃子は最低でも一人2枚のオーダーとなっていますが、野菜たっぷりでおいしいのでペロリです。

とんかつ萬清

【住所】東京都江東区亀戸5-13-5
【電話】03-3637-2929
【休み】無休
【営業時間】11:00~15:00、17:00~22:00
【アクセス】JR亀戸駅北口より徒歩2分程度。

駅前の三井住友銀行の右側の細い路地に入ったところにあります。

テレビでも紹介されたことのあるトンカツ屋さんです。

 

お肉の卸問屋をしているので、質の良いお肉が安く提供できるのです。

看板メニューの「黒豚横綱」が絶品です。

大きさも300gもあり、食べごたえ抜群です。

亀戸升本(ますもと)

【住所】東京都江東区亀戸4-18-9
【電話】03-
【営業時間】(平日)11:30~14:30、17:00~21:30
(土・日・祝)11:00~15:00、17:00~21:00
【アクセス】JR総武線亀戸駅北口/東武亀戸線亀戸駅 徒歩7分

幻の江戸伝統野菜「亀戸大根」を食べられるお店として知られています。

独創的な料理で、とてもあっさりとした味です。

人気に「亀戸大根あさり鍋」があります。

 

ここに紹介したお店はどれも亀戸中央公園側の駅の逆側(アトレ側)になります。

中央公園は亀戸駅北口になります。

 

中央公園から亀戸駅北口に向かうと、駅前の細い通りにも何軒か気楽なお店があります。

そこも庶民的でいいですよ。

亀戸駅脇の宝くじの販売所

その他にも亀戸には、亀戸駅北口出てすぐの「宝くじ販売所」があります。

ここは、宝くじが当たると評判なんです。

多くの人が買いに来ているのを見ることができます。

まとめ

亀戸は、それほど大きな街ではありませんが、面白いところがたくさんある所です。

とくに中央公園は川の側で、とても癒やされる場所です。

ゆっくり出来るところですので、ぜひ一度行ってみてくださいね。

★この記事を読んだ人はこちらも読んでいます↓ 

亀戸天神梅まつり2019日程と見頃!屋台とお土産は?

[ad#ad3]

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です