丸の内イルミネーション2018!ユーミンコラボの点灯式や写真をお届け!

北欧サンタクロース

丸の内のイルミネーションは、毎年変化があり、とてもロマンチックな雰囲気に包まれています。

2018年はどんなクリスマスイルミネーションになるのか、楽しみにしている人も多いですよね。

2018年の点灯式はユーミンなどもいて、賑やかに行われました。

丸の内イルミネーションの様子などを写真でお届けします。

[ad#ad1]

丸の内イルミネーションの日程

2018年11月8日(木)~12月25日

★点灯時間は17:30~24:00になります。

また、丸の内イルミネーションについての一般的な記事はこちらにもあります。

2018年の丸の内イルミネーション

今年の丸の内のイルミネーションはテーマが『北欧』です。

「Marunouchi Bright Christmas 2018」というタイトルになっています。

 

北欧は真っ白な雪のイメージがありますね。

そんなツリーになっています。

丸の内アオゾのツリー

クリスマスならではのベーシックなツリーです。

そこに今年は幸せを運ぶ馬と言われている「ダラーナホース」がいます。

「ダラーナホース」はスウェーデン・ダラーナ地方発祥の伝統工芸でできています。

アオゾのクリスマスツリー

丸ビルのクリスマスツリー

丸の内仲通りのシャンパンゴールドの街路樹を進むと丸ビルがあります。

1Fマルキューブに飾ってあるメインツリーが通り沿いから見えます。

点灯式の様子は一般人は撮影禁止なので、外からパシャっと撮りましたよ。

新丸ビルクリスマスイルミネーション

今年のメイン会場の丸ビルのクリスマスツリーは、「Knit Tree with Yumingニットツリー ウィズ ユーミン)」になっています。

 

2018年のテーマは『北欧』でしたね!

雪の結晶やトナカイなどをモチーフとして、幾何学模様と組み合わされています。

毛糸やフェルトなども使われていて、高さは8mになります。

 

それにちなんで松任谷由美さんが北欧をイメージした曲もあるということで、その楽曲とコラボレーションしたツリーです。

ユーミンの世界観がからんでいるのです。

点灯式には松任谷由美さんが登場して、多くの人が集まりました。

丸ビルのツリーの解説

ユーミンの楽曲に合わせて、光と音が反応するツリーイルミネーションです。

17:30~21:00の間、15分毎に約5分間点灯、曲が流れます。

(ただしイベントなどで休止の場合あり)

 

メインのツリーがある丸ビルは毎年混雑しています。

今年も混雑すると思われます。

気をつけておいでください。

[ad#ad2]

新丸ビルのクリスマスツリー

こちらのクリスマスツリーはあまり知られていないのでしょうか、人があまり多くなかったです。

ですが、私は今回の丸の内イルミネーションの中で一番ステキだと思いました。

新丸ビルのツリー

真っ白な感じの中に一部銀色があり、輝き、とても神秘的でした。

写真ではあまりうまく表現できていないのが残念!

 

これはフィンランドの湖畔をイメージしていて、冬の景色だそうです。

とってもステキです。

国際ビルのクリスマスツリー

ツリーに赤い帽子をかぶった妖精が飾られています。

ツリーの脇にも大きめの妖精がいます。

かわいい!

国際ビルクリスマスツリー

この妖精はフィンランドや北欧諸国で愛されている「トントゥ」という妖精だそうです。

この「トントゥ」は、クリスマスに赤い帽子をかぶるんだそうです。

丸の内ブリックスクエア

丸の内ブリックスクエア

こちらも真っ白なツリーです。

直線的な線で構成されているオブジェです。

フィンランドの伝統的なモビール「ヒンメリ」がモチーフです。

この「ヒンメリ」も「幸運のお守り」とされています。

二重橋スクエア

二重橋スクエアではユーミンの曲が全曲聴ける「Yuming Juku Wall」があります。

アルバムジャケットを利用したユーミンの空間になっています。

丸の内仲通りのイベント

移動式店舗

丸の内仲通りでは道路空間にオープンカフェや移動式の店舗の道路空間になっていました。

ここで様々なイベントも行われるそうです。

サンタクロース

点灯式の日は、北欧のサンタクロースが練り歩き、北欧の楽器で曲を奏でるグループがステキでした。

サンタクロースと一緒に写真を撮ったり、曲に聴き惚れたりしましたよ。

サンタクロースと

この北欧の楽器は「ニッケルハルパ」というそうです。

スウェーデンの中世の時代からの農民の楽器だそうです。

ギターとピアノが合わさったような楽器です。

初めて見ました。

それにとってもステキな音色でした。

ニッケルハルパ ニッケルハルパ

道路の真ん中にテーブルができ、そのテーブルの上には素敵な花が飾られていました。

そしてテーブルを囲んで飲食していました。

とても温かい雰囲気を出しています。

街路樹のイルミネーションはステキだし、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

まとめ

今年の丸の内は、北欧の雰囲気一色です。

ユーミンの楽曲もステキです。

そしてサンタがたくさんいたことや足長トムテがいたこと、「ニッケルハルパ」の演奏が心に残りました。

もちろんツリーやイルミネーションもステキでしたが・・・。

メリーゴーランド

丸の内イルミネーションは毎年趣向を凝らしていてステキです。

ぜひ、機会がありましたら行ってみてください。

★この記事を読んだ人はこちらも読んでいます↓

丸の内イルミネーション2018!遠くでも日帰りでOK!

丸の内イルミネーション2017を最新画像で紹介!

[ad#ad3]

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です