G(無重力)クッション購入!卵われないよ!座ってみた

Gクッション

座っている時間が長い私。

トホホホ・・・。

腰が痛くて仕方ない。

どうにかならないかと思っていたら、テレビで「無重力クッション」なるものを発見!

[ad#ad1]

テレビで紹介Gゼロクッション

テレビでは、レジェンド松下が紹介していました。

生卵をGゼロクッションの上に置いて座るというっことをしていました。

 

それでも割れないんです。

そのクッションがない状態では割れてしまいます。

生卵も割れないなんて凄いと思いませんか!

(ちょっとハズキルーペを思い出しました・・・笑)

Gゼロクッション購入

Gクッション箱

さっそく結構あちこち探しました。

売り切れているところがたくさんありました。

主立ったところは売り切れ。

それでも何とか探し、購入しました!

 

私が購入したものは、5,000円で買いました。

値段は販売先により、いろいろあり・・・。

種類もいろいろあるんですね。

 

アマゾンでは、現時点では私が購入したものと同じのは5,000円代から10,300円のもありました。

でも私が購入したものと違うのはアマゾンでは2,680円からありました。

でも、使い勝手はそれぞれ違うかもしれません。

YAHOO!ショッピングでは、「公式販売店 ジーゼロ G0 Gゼロ クッション」の値段が5,400円でした。

私の購入した種類は公式販売のものです。

 

でもYAHOO!売り切れているようです。

楽天も売り切れていました。

キャンセル待ちはできるようですよ。

値段もいろいろだし、あちこち調べて買った方がいいですね。

 

そして私のところにGクッションは来た~!!

[ad#ad2]

Gゼロクッション

待ちに待ったG(無重力)クッション。

さっそく入っていた箱から取り出すと、オレンジ色のTPEとポリエステルのクッションに茶色のカバーのついているものでした。

Gクッション

なんかワッフルを思い起こすような見た目です。

座って見ると、全然いい感じ。

疲れが随分違います。

 

宣伝だけある、と思います。

宣伝文句はあまりにオーバーかもしれませんが・・・。

「まるで宙に浮いているような」とかが・・・。

でも、かなりいいことは確かです。

Gクッション

ただ、今は寒い時期なので、座わるとひんやりします。

これがちょっと難点かも・・・。

無重力(Gゼロ)クッションの構造

特殊なプラスチックでできるいるそうです。

TPE(熱可塑性エラストマー)という復元力の高い素材をひし形の編み目構造にしてあります。

これは適度な反発があるので、お尻を全体で支えてくれます。

 

これが、「宙に浮いているような感じ」と表現するところなのでしょう。

そして傾斜がついているということですが、あまり傾斜は感じませんでした。

 

わずかについているのでしょうね。

これが骨盤の位置を調整してくれるのです。

 

またワッフルみたいなひし形の編み目が、通気性のためにも良くて、快適に座れるのに効果を発揮していると思われます。

Gゼロクッションのサイズ

Gクッション箱裏

幅44cm、奥行40cm、厚さ3cm

【材 質】
クッション TPE(熱可塑性エラストマー)・ポリエステル
カバー ポリエステル100%
重さ 1.2kg

中国製
輸入販売元 協和工業株式会社

Gゼロクッションの使い方

・「G」のマークがある方を上にします。

カバーがない状態では。オレンジのひし形が上になるように敷きます。

・「G」のマークが手前になるように椅子にひきます。

まとめ

長時間座っていることが多い人はたくさんいると思います。

私みたいな坐骨神経痛の人には特にいいのではないかと思います。

座り仕事がずっと楽になりました。

いい物を手に入れたと思います。

[ad#ad3]

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です