ホワイトデーはいつ?意味とお返しはどうしたらいい?

ホワイトデー

微妙な日なんですよね。

男子にとっては。

3月14日、ホワイトデー。

ちょっと悩ましいんです。

しっかりと取り組むべきか、さらっと流しちゃおうか。

何となく目をつぶって通り過ぎるのを待とうか何ていう考えもあったりして。

この際どうすべきかをよく考えてみましょう。

[ad#ad1]

ホワイトデーの由来

1か月前の2月14日のバレンタインデーというのは、諸説ありますけれど、3世紀の聖バレンタインの処刑の行われた2月14日を記念した日であるようです。

結婚を禁止されているローマ帝国の兵士たちのために命をかけて結婚式を執り行い、皇帝の怒りを買って処刑されてしまったのですよね。

愛する二人のためのヒーローだったのですね。

ですから欧米でもこの日に恋人同士や結婚している夫婦の間で贈り物をし合うということはよく行われているようです。

ハートと虹

日本ではいつ始まったの?

日本ではバレンタインデーが始まった時期は曖昧ですけれど、チョコレート会社の拡販戦略としてチョコレートを贈る日とされてきました。

特徴的なのは日本では、女性が意中の男性に贈るのですとされていることです。

欧米ではもちろん贈るものはチョコレートとは限りませんし、男性、女性どちらからでも贈るのです。

ホワイトデーはいつ?

まあそういうことで一応世界的に存在しているバレンタインデーの一方で、ホワイトデーは完全に日本だけのものなのですね。

こちらも2月にチョコレート会社が大儲けしているのを見ていた他のお菓子メーカーが、こっちも3月に儲けてやろうという魂胆から生まれた日なのですね。

ちょうど1か月後の3月14日にバレンタインデーにチョコレートを貰ったお返しをしましょうということです。

クッキー

クッキー、マシュマロ、キャンディーなんかを贈りましょうということでした。

ホワイトデーという名前も定着してきたのは1980年以降ですね。

それまではクッキーデーとかマシュマロデー何てよばれていました。

ホワイトデーのお返しは何に?

さてそこでどうするかですよね。

この日にどのように取り組むのかよく考えてみましょう。

個人的な見解ですけれど、しっかり取り組んだ方がいいと思います。

理由はどうあれせっかく贈り物をする日ですよと日本中がいっているのですから、いい機会です、いろんな贈り物をしてみましょう。

忙しいのに大変だなんて言わないで。1年に1度のことですから。

[ad#ad2]

ホワイトデーのお返しの相手は?

いろんなパターンがありますよね。

会社の女子から本当に義理で貰ったものへのお返し。

上司である女性から贈られたものに対するお返し。

普通の友人である女性から贈られたものへのお返し。

上のほか、

・ちょっと踏み込んでいきたいと思っていた女性から思いもよらず贈られたものへのお返し。

・なにも貰わなかったのだけどこの際だから贈り物をしたい人へ贈るものなど。

この他にもあるかもしれませんが一応このくらいのパターンを考えてみましょう。

義理チョコの場合

チョコレート

どれも大事なのですが、義理チョコに対するお返しを軽んじてはいけません。

義理チョコですから気持ちは入っていないでしょうが、お金と時間はかかっているわけです。

しかも本当はかけたくないにもかかわらず。

そういうものに対してこそきちんとお返しをしましょう。

金額は同等くらいでいいと思います。

そして仕事上で何か関わったことを思い出しましょう。

お茶やコーヒーを淹れて貰ったということでも構いません。

メッセージ

その事への感謝のメッセージを添えましょう。

いつもはいいづらいこともさらっと伝えるいいチャンスになりますね。

これでますます仕事上でいい関係になれればそれに越したことはありません。

女性の上司からのものは単なる義理チョコ以上に義理チョコであることも多いですね。

ですがないがしろにしてはいけません。

どんな上司でもご機嫌をとるのは悪いことではないのですよ。

金額的にはいただいたものより高くてもいいでしょう。

ただセンスよく、気に入ってもらえるものにしましょうね。

当然日頃の感謝のメッセージは必要ですよ。

いつもありがとうございますという気持ちを伝えましょう。

普通の友人からのチョコの場合

普通の友人である女性から贈られたものというのは実は難しいですね。

なる友人としての義理チョコなのか本当は思いを込めたものなのか

その辺の判断をあやまらないようにしましょう。

いずれにしても贈られたものと同程度のお返しはしておきましょう。

思いもよらない人からには

思いもよらない人からの贈り物はとても嬉しくなりますよね。

最大限のお返しをするべきです。

ひょっとすると一生に一度のことかも知れませんよ。

バレンタインチョコレート

バレンタインデーに贈り物をしたからにはホワイトデーにお返しをされるということを想定しているわけですからね。

もう思いきって3月14日まで待たずに何かお返しをしてしまってもいいくらいだと思いますね。

バレンタインデーに何ももらっていないけれど贈り物をするというのもいいと思います。

日頃の感謝の気持ちをこの日にかこつけて伝えたいということですね。

本当に感謝だけでもいいですし、もしかしてそれ以上の思いを伝えたいならそれもいいでしょう。

うまくいくかどうかは別の話ですけれど・・・。

悪くない試みだと思います。

お返しに意味があるの知ってる?

さて何を贈るかということなのですけれど、贈るものには意味があるようですね。

マシュマロというのは実はごめんなさいの意味なのですね。

口の中ですぐ溶けるのがそういうことを意味するということです。

マシュマロ

クッキーはお友だちのままでいましょうという意味なのですね。

キャンディーは好きです交際してくださいということになるのだそうです。

マカロンはあなたは特別な人ということになるのだそうです。

その他ハンカチは別れを意味するし、ケーキやチョコレートやラスクは特に意味がないのだそうです。

では、お返しを何にするか?

まああまり気にすることはないと思いますよ。

よっぽど好きで交際をお願いしたいと思っている人以外には嫌いなものでない限り美味しいものなら何でもいいと思います。

是非交際をお願いしたいと思っている相手にはお菓子に限らずもっと高価なアクセサリーなんかを贈っていいと思います。

マカロン

それ以外の人には個人的なおすすめはマカロンですね。

ちょっと高いかもしれませんが個数での調節が利きます。

FAUCHON、ラ・メゾン・デュ・ショコラ、テオブロマ、シェ・シーマなどなどいろんなものがあります。

デパ地下のお菓子フロアーに行けばいくらでもありますよ。

その他にもチョコレートのお返しにチョコレートとしてゴディバやリンツを贈ってもいいと思います。

自由な贈り物のできる日と考えて、贈りたい人にご自分のベストセレクションを贈ってみましょう。

思いが伝わればいいですし、そうでなくてもお互いに何か楽しい気分になれればそれでいいと思います。

まとめ

ちょっと面倒にも思えるバレンタインのお返し。

でも、そこはグッとこらえていい意味にとらえましょうね。

ここできちんとすることによって、これからの人付き合いがぐっと良くなることもあります。

後々の面倒より、今の面倒の方がいいですから。

選ぶのも楽しみとして渡す時の笑顔も創造して楽しみましょう。

2018バレンタインデーのチョコレートはどこで買う?

[ad#ad3]

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です