ヒアリが日本の神戸で発見された!刺されるとどんな症状に?その対処法は

アリの巣

ヒアリという恐ろしい強い毒性を持つアリが日本で発見されたと、テレビのニュースで知りました。

どんなアリなのでしょう?

なかなか気づくことができないアリです。

万一のことに備えて、知っておきましょう。

スポンサーリンク

強毒ヒアリが日本に!

環境省によると、特定外来種で、強力な毒を持っている「ヒアリ」という種類のアリが国内で初めて発見されたということです。
なんでも5月26日に兵庫県尼崎市で、中国広東省から運ばれた貨物船のコンテナからヒアリが発見され、その集団は殺虫剤をまいて防除したとのことでした。

が、今回18日に神戸市のポートアイランドのコンテナヤードで見つかったとの発表でした。

今回見つかったのは、100匹ものヒアリでした。

殺虫剤で駆除したとのことでしたが、これからも日本国内でヒアリが広がっていくのでしょうか?

これからどんなことに注意したらいいのでしょう?

ヒアリについて

ヒアリ

ヒアリは南米原産で、全体は赤茶色をしていて、体長が2.5~6ミリ程度です。

腹部が黒っぽい赤色をしています。

ヒアリは攻撃性が強く、何度も毒針で刺すほどなのだそうです。

好んで生息する場所としては、草地など、どちらかというと比較的明るいところのようです。

南米産なので、やはり暖かいところが好きなようです。

また、繁殖期は一年中なのですが、特に春から夏が多いということです。

雑食性であり、樹液や花蜜、甘露が好きです。

ヒアリがもしこのまま広まったら、今日本に生息している在来生物に多大な影響を与えるでしょう。

スポンサーリンク

ヒアリに刺されると

このヒアリに刺されると、軽いうちは熱いように感じたり、激痛が走り、はげしい傷みかゆみを伴います。

刺されると、10時間ほどで膿がでるとのことです。

また、中度でじんましんがでたり、重度になると呼吸困難や意識障害がでてきます。

蜂に刺されると重度になる人は、特に要注意です。

そういう人は、このヒアリに刺されるとアナフィラキシーを起こしやすいとテレビで言っていました。

アナフィラキシーは呼吸困難や意識障害がおこり、ショック状態になるものです。

怖いですね~!

別名「殺人アリ」という人もいます。

アメリカなどでは死亡者も結構出ているようです。

特に幼児や小さい子どもが心配ですね。

ヒアリに刺されたら?

ニュース

朝日新聞の記事によると、20~30分は安静にしていることとあり、体調の変化に注意することが大事なようです。

また、容体が急変することがあったら、病院を受診するか、急な容体の悪化には救急車を呼びましょう。

病院では、ヒアリに刺されたことを伝えましょう。

病状は急に進むことがあるので、注意です。

そして、ヒアリを見つけたら、地方事務所などに通報しましょう。

ヒアリから身を守るために

ヒアリの駆除

ヒアリは強い毒を持っています。

ですから、近づかない、触らないのが一番です。

どうすれば、そうできるか、ということですが、

・はだしで歩かない、靴下を履くっこと

・草取りとか草むらに触るときは手袋をする

・ヒアリが近くで出たら、砂遊びは中止する

などで自己防衛をするしかないでしょう。

また、ヒアリは市販のアリ用殺虫剤で駆除が可能です。

また、万が一、ヒアリを発見した場合は、駆除してしまいましょう。

まとめ

ヒアリが見つかったコンテナの置き場所などに捕獲用のトラップを450か所に設置したということです。

そして7,500世帯にチラシをまき、注意喚起をしています。

今の所、女王アリや巣は見つかっていないとのことで、周辺で調査を続行していますが、ヒアリの発生が広がらないように祈るばかりです。

これからも海外からの荷物をしっかりと検査、確認して、ヒアリを日本国内に入れないように努力してくれています。

ここでしっかりと封鎖できますように。

アカカミアリがヒアリと同じく神戸で発見される!その特徴は?

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です