あたみ桜糸川まつり2019!一足早く早咲きの桜を楽しもう

あtみ桜

早いものは12月から咲き出すというこのあたみ桜です。

現実の世界じゃないみたいでしょう。

ずいぶん早い桜ですね!

これが熱海なのです。

あたみ桜とは

熱海市のHPによりますと、あたみ桜は明治4年頃にイタリア人によって、レモンやナツメヤシとともに熱海にもたらされたインド原産の寒桜です。

市内の多くの場所に植栽されたのです。

 

昭和52年からは熱海市の「木」に指定されています。

沖縄の寒緋桜と並んで一月初めには開花し、日本で最も早咲きの桜です。

河津桜も早咲きですが、あたみ桜と比べると一月ほどあとになりますね。

 

そして花のつき方がひとつの枝に早期に開花する花芽と後期に開花する花芽の2段階となっているため、開花期間が1ヶ月以上となります。

ソメイヨシノなどは2週間程度ですからかなり長いのですね。

長く楽しめますよ!

第9回あたみ桜糸川桜まつり

【開催期間】2019年1月12日(土)~2月11日(月・祝日) 

【開催場所】糸川遊歩道 あたみ桜58本 静岡県熱海市銀座町と中央町の境 
・JR熱海駅より徒歩約15分 

※駐車場は周辺の有料駐車場となります。

【ライトアップ時間】16:30~23:00 

【催し物予定】お茶のサービス、大道芸、バンド演奏

公式のページには詳細があります。

★糸川湯歩道マップはこちらから

昨シーズンの開花状況

2017年12月17日基準木開花 2018年1月19日全体四分咲き 1月28日全体七分咲き 2月中旬まで見頃でした。

あたみ桜を堪能しましたら新鮮な海の幸をいただきましょう。

熱海港や網代港で毎日水揚げされています貴重な魚介類を楽しめますよ。

熱海という地

もう8年ほど前になりますがテレビ朝日のドラマで『熱海の捜査官』というのがあったのを覚えている人もいると思います。

オダギリジョーが主演でした。

 

南熱海市という一応架空の街でスクールバスが忽然と消失し、乗っていた美少女四人が行方不明となるという事件が発生。

3年後に事件解決のために「広域捜査庁」所属の捜査官、オダギリジョーが派遣され事件の謎を解いていくというものでした。

 

最終的にはこの南熱海市は、現世と来世、この世とあの世の境界であり、死者と生者が行き来をし、オダギリジョー演じる捜査官も最後のシーンであの世へ行ってしまうという内容だったのですね。

 

三木聡監督脚本の面白いけれどなかなか理解するのは難しいという作品でした。

こんな作品が撮られた熱海なのですね。

 

 

広がる海を目の前にして、南国的な植物も生い茂っており、温暖な中で、とびきりの海の幸を味わい、そして温泉に浸かることができるのです。

 

 

冬でも暖かく、海に面して開けているというところが心を開放してくれます。

急に東京に帰る必要があったとしても、熱海駅平日8:09発の新幹線こだま808号に乗車しますと、なんと9時前に、8:56に東京駅に到着です。

早いものは12月から咲き出すあたみ桜を気軽に見にいってみたいですね。

あたみ桜周辺のグルメ

漁師食堂 川忠

網代で40年続いている老舗です。

脂ののったアジのフライを是非どうぞ。

熱海市網代627-204 

営業時間 8:30~21:00 

木曜定休 

三松鮨

旬の魚を握ります。

上品な味が自慢です。

熱海市銀座町4-6

営業時間 12:00~14:00 17:00~22:00

木曜定休  

和食処 天匠

金目鯛の煮付け、炙り焼き、刺身、しゃぶしゃぶなどを味わってください。

熱海市清水町4-16

営業時間 11:30~14:30 17:00~21:30

木曜定休 

旬蔵

朝どれの地魚に、出汁が自慢のそばもあります。

熱海市下多賀1374-44 

営業時間 11:00~15:00 17:30~20:00 

水曜定休 

網代の海鮮丼 味くらべ

お店が独自に定置網を持っていて、市場を飛ばして新鮮な魚をさばきます。

熱海市下多賀491

営業時間 11:00~20:00

木曜定休

周辺の見どころ

熱海城をご存じですか。

昭和34年築城、錦ヶ浦の山頂にそびえ立っています。

6階、天守閣展望台からは360度のパノラマを一望できます。

海抜160mです。

晴れた日には、初島や大島も見えるのですね。

所在地 熱海市熱海1993 

熱海駅からタクシーで約10分。

営業時間 9:00~17:00 

年中無休 

入場料金 大人 1000円 小中学生 500円 4~6歳 350円

熱海の温泉

街を歩くと、坂道が多いのですが、その坂道のところどころから湯気が出ています。

温泉が涌き出ているのですね。

熱海七湯といわれています。

 

「目の湯」と書かれているところがあります。

佐治郎の湯で眼病によく聞くといわれています。

小沢の湯では吹き出す蒸気で温泉卵を作って食べることができるそうですよ。

いろいろと興味のつきない熱海です。

まとめ

寒い冬に桜をいち早く見れるなんて、うれしいですよね。

桜の品種もありますが、熱海は温かいんですね。

冬は桜と温泉とグルメでゆっくり楽しみたいです。

[ad#ad3]

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です