醍醐寺の秋の紅葉!ライトアップ2018の夜間拝観あり

世界遺産で知られている醍醐寺。

秋の紅葉の時期にライトアップが実施されます。

なんとも神聖な気が満ちているライトアップの情報をお届けします。

スポンサーリンク

醍醐寺のライトアップ情報

醍醐寺のライトアップは、平成23年から始まりました。

2018年もまた行われます。

ライトに照らされる伽藍と読経は、祈りの世界へと誘う体感が感じられます。

【期 間】2018年11月17日(金)~12月3日(日)

【拝観時間】18:00~20:50(受付は20:10まで)

【ライトアップ場所】醍醐寺 下伽藍(金堂、五重塔、林泉、無量寿苑)

【拝観料】1,000円(団体800円/20名以上)
※拝観料は当日受付

※「特別事前予約拝観券」という早めに入場できる券があるのですが、これはすでに終了しています。
しかし、直接現地へ行けば混み合いますが、入場はできます。

スポンサーリンク

醍醐駅からの徒歩アクセス

・京都市営地下鉄東西線「醍醐駅」から徒歩10分

1.地下鉄東西線「醍醐駅」の2番出口から出て、バセオダイゴロー方面へ。

2.バセオダイゴロー東館2F出口から通りをまっすぐ歩きます。

3.団地の間の遊歩道を歩くようになります。

4.道路が突き当たりますので、左に行きます。

5.高架下をくぐります。

6.旧奈良街道に出ますので渡りますとすぐ醍醐寺の門があります。

醍醐寺のライトアップ

長い間真言密教を伝えてきた醍醐寺の荘厳な雰囲気が漂います。

幻想的な参道は、祈りへと向かう心の入り口です。

参道のライトアップ

ライトアップの派手さはありませんが、その分、厳かな姿で金堂・五重塔・林泉が現れます。

五重塔のライトアップは、見応えがありますのでおみのがしなく。

平安時代の建立が今こうして見れ歴史を感じます。

また響き渡る読経にも耳を傾けてみましょう。

醍醐寺の紅葉

このライトアップが行われる時期は紅葉もまた綺麗です。

参道のモニジからはじまって、境内全体が紅葉に包まれています。

 

林泉(りんせん)周辺では明るめのライトアップがしてあり、紅葉のスポットとなっていて楽しめます。

三宝院庭園もモミジが鮮やかになります。

 

醍醐寺には、モミジ、イチョウ、リョウブ、コナラなどの赤くなる落葉広葉樹が多くあります。

ゆっくりじっくり紅葉を楽しんでください。

醍醐寺のライトアップと紅葉ツアー

これからでも並ばなくてもみれるはツアーに参加することですね。

もしどうしても確実に見たいという場合はツアーに参加するという手もあるでしょう。



まとめ

季節の中で一番心落ち着くいい季節の秋・・・。

ぜひ、ゆっくり紅葉のライトアップを楽しみたいものです。

★この記事を読んだ人はこちらも読んでいます↓ 

サントリー美術館で開催!京都・醍醐寺―真言密教の宇宙―

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です