ガーデンネックレス横浜2018!場所とイベント詳細

チューリップ

この冬は特別寒かったので、温かい春気分を存分に味わいませんか?

「ガーデンネックレス横浜」は、会場がいくつかに分かれています。

スポンサーリンク

ガーデンネックレス横浜2018について

2017年春に第33回全国都市緑化よこはまフェアが開催されました。

このフェアは毎年全国各地で開催されている花と緑の祭典で、2017年は横浜市で開催されたのです。

『歴史と未来の横浜・花と緑の物語』をテーマに、美しい花と緑豊かな街、横浜の実現を目指すものでした。

さくら

このフェアの愛称が「ガーデンネックレス横浜2017」でした。

みなとガーデン(都市臨海部会場)里山ガーデン(郊外部会場)にて行われたのです。

テーマフラワーはサクラ、チューリップそしてバラでした。

なんとおよそ600万人もの人たちが訪れたのですよ。

 

このイベントの成果を継承し、自然環境を育む事業「ガーデンシティ横浜」の一環として、今年2018年に、また「ガーデンネックレス横浜2018」が開催されます。

横浜が花や緑で溢れ、より魅力的な街へ発展することを目的とするものです。

昨年同様にみなとエリア里山エリアでの開催となります。

ピンクのバラ

花の移り変わりとともに港の景観や街並み、イベント等を巡りながら楽しむことができます。

ここではみなとガーデンの予定についてご紹介したいと思います。

ガーデンネックレス横浜2018開催概要

【開催期間】3月24日(土)~6月3日(日) ※72日間 

開催場所

・山下公園

みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩約5分、日本大通り駅から徒歩約5分

・グランモール公園 

みなとみらい線みなとみらい駅からすぐ

・港の見える丘公園 

みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩約5分

・横浜公園 

みなとみらい線日本大通り駅から徒歩約5分
JR根岸線関内駅から徒歩約5分

・日本大通り 

みなとみらい線日本大通り駅からすぐ

・像の鼻パーク 

みなとみらい線日本大通り駅から徒歩約5分

・新港中央広場 

みなとみらい線馬車道駅から徒歩約10分

・運河パーク 

みなとみらい線馬車道駅から徒歩約5分

みなとエリアの花について

サクラ

みなとみらいさくら通り(日石横浜ビルからパシフィコ横浜への通り)100本、汽車道19本、運河パーク15本等 港の景色を背景にサクラを楽しめます。

チューリップ

横浜公園16万本、日本大通り4万本、新港中央広場4万本、山下公園3万本

バラ

山下公園「未来のバラ園」(190品種、2300株)

港の見える丘公園「イングリッシュローズの庭」(150品種、1100株) 「香りの庭」(100品種、500株) 「バラとカスケードの庭」(80品種、500株)

ガーデンネックレス横浜2018のイベント

みなとみらい21さくらフェスタ2018

【開催時期】2018年3月31日~4月8日 
【開催場所】さくら通り 

およそ500mに渡って103本のソメイヨシノが淡紅色と白色の可憐な花を咲かせます。

4月7日(土)には恒例のパレード、綱引き選手権、グルメストリートが開催されます。

テレビ神奈川で生中継されますよね。

フラワーガーデン2018

【開催時期】2018年3月31日~4月22日 
【開催場所】赤レンガ倉庫 

今回は「ワイルドガーデン」をテーマに、会場内に色とりどりの花畑を再現するそうです。

カラフルなワイルドフラワーガーデン、港の海と空を連想させるスカイブルーガーデン、ラベンダーやローズマリーの香りのガーデン、葉もの野菜が美しく広がるベジタブルガーデンで構成されています。

18:00~24:00はライトアップされます。

日本フラワー&ガーデンショウ

【開催時期】2018年4月20日~4月22日 
【開催場所】パシフィコ横浜 

家族そろって一日中楽しめる花と緑のイベントです。

今回のテーマはあじさいだそうです。

ビギナーから愛好家まで世代を超えて楽しめる総合園芸パブリックショウです。

趣味の園芸フェア・ローズコレクション

【開催時期】2018年5月8日~5月10日 
【開催場所】クイーンズスクエア 

NHK・Eテレの人気番組「趣味の園芸」がお送りします。

今年発表されるバラや、横浜にゆかりのあるバラなどが展示されます。

バラ

2017年のマスコットキャラクターのガーデンベアにまた会えるようです。

頭に大きなブーケをのせた緑色の可愛い熊、ガーデンベア。

このキャラクターを残してほしいという市民の皆さんからの声も多かったようですね。

 

今回のガーデンネックレスのポスターにガーデンベアが大きく載っているのです。

「またあえるね!」って言っていますよ。

嬉しいですね。

各会場でその姿を見ることができると思います。

期待しましょう。

 

そして、PRアンバサダーとして園芸王子、NHK「趣味の園芸」司会者である俳優、三上真史さんも登場します。

まとめ

さあこの花と緑のイベント、是非行ってみたいですね。

期間が長いですから何度でも楽しめますよ。

 

開催初めから4月上旬まではさくらの季節です。

さくら通りをはじめとしていろんなところでお花見ができますね。

 

その後はチューリップです。

特に横浜公園では16万本のチューリップが咲き誇ります。

キッチンカーや屋台も出ていますから、食べ物でも楽しむことができますよ。

バラ

5月になったらバラです。

山下公園や港の見える丘公園に行きましょう。

日本大通りもいいですよね。

 

つまり日本大通りを歩いて、山下公園に入りそしてさらに港の見える丘公園に足を運べばいいのです。

美しいバラを見ながら歩いていれば疲れたりしませんよ。

 

その後は中華街で美味しいものを食べて、まだ元気があったなら、横浜スタジアムでベイスターズの応援をしましょう。

完璧な春の一日になりますよ。

国営昭和記念公園フラワーフェスティバル2018!春満開!

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です