カニすき&カニしゃぶ&カニ鍋レシピ!おいしいカニの選び方

カニ鍋

冬になると温かいお鍋が恋しくなります。

そして冬のごちそうといえば、なんといってもカニ(蟹)!

そこで今回は美味しいカニについてです。

主にズワイガニとタラバガニのことについて、比べてみました。

[ad#ad1]

ズワイガニ

松葉がに、間人(タイザガニ)、越前ガニなど地域によってさまざまな呼び名があります。

(※越前ガニについては巻末に記載しました。)

これらがブランド化していますね。

これらのカニはみんなオスなんですよ。

知っていましたか?

 

甲羅はツルツルしていて、スリムで長い足が10本あります。

旬はだいたい11月~3月頃になります。

甘みがあって、とても上品な味です。

濃厚で美味なカニみそも美味しいですね。

 

あとメスのカニとしては、小ぶりの「セコガニ」、「香箱(こうばこ)ガニ」があります。

小さい分だけうま味がたっぷりつまっています。

 

メスは保護の禁漁期間が長いので、11月頃から年末までの短い期間が旬になります。

甲羅にはつぶつぶの卵の外子と味噌のオレンジ色の内子がつまっていて大変おいしいのです。

カニしゃぶ

カニしゃぶ

ズワイガニのうま味を楽しむなら、これ!

ズワイガニの上品な甘みと味わいが楽しめます。

しゃぶしゃぶする加減で味が変わります。

[ad#ad2]

タラバガニ

タラバガニと言えば北海道が有名ですね。

名前の由来もあり、タラが獲れる漁場で獲れるので「タラバガニ」というそうです。

面白い由縁ですね。

 

分類上ではヤドカリの仲間とされています。

甲羅にトゲトゲがあります。

ハサミの大きさが左右違います。

そして大きな体に太い足が8本ついています。

 

タラバガニの旬は11月~3月です。

ズワイガニと同じ旬ですね。

 

食べ応えたっぷりの大きな身がつまっているのがうれしいカニです。

ズワイガニに比べると、大味ですが、締まった弾力のある身をしています。

口の中に広がるうま味はたまりません。

かにすき

かにすき

プリプリの食感を楽しめるのは「かにすき」がいいですね。

食べ応えがある身が食欲を誘います。

カニのうま味が溶け出した汁も美味しいので、〆に利用しましょう。

おいしいカニの選び方は?

ズワイガニの選び方

ズワイガニ

甲羅が硬いものがいいです。

ボイルしてあるものは、きれいな赤い色をしているものを選びましょう。

 

甲羅に黒い色のつぶつぶがついているかもしれません。

これらはカニビルの卵になります。

 

これが着いている物の方がよいのです。

なぜなら脱皮後の時間が長いことをしめしていて、甲羅が硬いという目安になるからです。

タラバガニの選び方

タラバガニ

手に持ってみてください。

ずっしりと重みを感じたら、それはおいしい証拠です。

脚だけのものを選ぶとすれば、大きさや長さを見て、身が入っていそうなものを選びましょう。

おいしいカニのむき方

カニの脚の殻を上手にむくにはどうすればいいでしょうか。

① 関節の部分から約3cmのところにハサミで切れ目を入れます。

② 切れ目に沿って殻をバキッと折ってください。

③ それからそーと引っ張り出します。

すると、スルスルと身がでてきますので、どうぞお召し上がりください。

越前ガニについて

越前ガニとは福井県で水揚げされたズワイガニのことなんです。

もちろんオスです。

 

越前ガニは冬の味覚とされているほど、人気のあるカニです。

今では各地に広がっているブランドのカニは、この越前ガニから生まれました。

とても甘みのある冬の味覚の王様ですね。

 

越前ガニの魚が解禁されるのは、毎年11月6日になり、翌年の3月20日までです。

越前ガニのうま味はその海岸の地形と漁獲されてからの移動時間が短いことによります。

 

「越前ガニ」はただ茹でただけの物が最高に美味しいです。

ゆでる時間や塩加減で甘みが決まります。

まとめ

カニがおいしくなる年末年始。

家族で鍋を囲みたいですね。

お客様のもてなしにもいいですし。

おいしいカニを楽しみましょう。

★この記事を読んだ人はこちらも読んでいます↓

鍋の〆は何にする?うどん、雑炊?ちょっとした工夫でおいしく!

鍋の具材は何入れる?おすすめ鍋別の具材と切り方

所さんの目がテンで登場したみかん鍋が超おすすめ!美味しい絶品鍋を作るコツも紹介

[ad#ad3]

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です