寒天の効果とは?糖尿病予防にいい食べ方とは

あんみつ

寒天にはたくさんの効果が認められています。

だからか、テレビや雑誌などいろいろな方面で脚光を浴びています。

それでは、どんな効果があるのか、まとめてみましょう。

[ad#ad1]

寒天の4つの効果

角寒天

ノンカロリーであること

たくさん食べても大丈夫!

なんとカロリーはゼロ

太るのを気にしないで、食べられますね。

添加物がないこと

寒天は自然の海藻から作られています。

成分は食物繊維と水です。

安心してたくさん食べられますね!

と、言っても他の栄養もとらないといけないです。

『ばっかり』は駄目ですよ。

食物繊維が豊富なこと

角寒天で、食物繊維は100g中、74.1gです。

食物繊維は便秘症の人にはうれしいですね。

また、糖尿病の原因になる血糖値体脂肪率や血圧コレステロールを下げる働きもあります。

これらを気にしている人は、寒天を利用をおすすめします。

さまざまな料理に使えること

果物と寒天

寒天は無味無臭ですので、他の食品の味を損なうことがありません。

それどころか、食材のうま味を閉じ込めてくれるので、いろいろな料理に活用できます。

舌触りもよく、ツルンとしているので、おいしく食べることができます。

工夫次第で様々な料理に使えるので、飽きることなく食べることができます。

お腹でふくれるので、ダイエットにも最適です!

寒天の効果的を引き出す食べ方

糖尿病をはじめとする病気の予防には、夕食前に寒天を食べるのが効果的になります。

夕食をとった後は体をあまり動かすことが少ないため、摂取したエネルギーが内蔵脂肪となりやすいので、夕食前がおすすめになります。

[ad#ad2]

寒天の健康パワー

今、生活習慣病などが増えていて、問題となっています。

自分自身もどうにかしようともがいていても、なかなか解決策も見いだせずにいます。

そんな時、寒天の出番です。

ノンカロリーで食物繊維がたっぷりの寒天は、肥満、生活習慣病である糖尿病や高血圧、高脂血症などを予防してくれます。

こうした生活習慣病は動脈硬化につながり、心筋梗塞や脳卒中を引き起こします。

それらの予防に役立つ寒天

その寒天の食べる組と食べない組に別れて研究した論文もあり、その効果が証明されています。

寒天の効果の秘密

寒天デザート

寒天には、強力な保水力があります。

食事をした時、食べ物は胃で分解されて糖やコレステロールの原料に変わって、腸で吸収されることになるのです。

寒天以外の食物繊維の場合は、消化せず、余分なコレステロールと一緒に体外へ排出されます。

しかし、寒天は、大量の水を保水したままで、腸へと行きます。

すると、腸の中で水でかさばった食物繊維は、糖の吸収が遅くなり、コレステロールを吸着して、コレステロールの吸収も弱くなります。

そうすると、血糖値の上昇が緩やかになって、コレステロールも他の植物繊維より体外に多く排出されるようになります。

これは寒天特有の保水力によるものです。

これが生活習慣病をまねく様々なリスクを軽減する働きになるのです。

まとめ

寒天ってすごい効果があるんですね!

もっともっと寒天を使っていきたいと思いました。

あさイチトマト寒天の作り方を道端アンジェリカさん紹介!

[ad#ad3]

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です