ラップをうまくはがすコツ!切り口もすぐ見つかる方法

サランラップ

くっついてしまってなかなか見つからない切り口・・・。

切り口がわかってもうまくはがせないラップ・・・。

もうイライラしますよね!

そんな時のとっておきのワザを紹介します。

[ad#ad1]

上手なはがしかたいろいろ

今まで言われてきたことをまとめてみます。

 

・ラップに輪ゴムをかけて、輪ゴムを左右に揺らして見つける。

この場合は片手の指(親指と小指)にゴムをひっかけて、その手で軽くラップを握って前後に揺すります。

そうすると、切れ目がわかり、はがすことができます。

 

・みかんのネットに入れて、握ってまわします。

 

・小麦粉をラップにつける方法。

小麦粉をラップにつけると、切れ目がわかるようになります。

ですが、小麦粉が散って大変になるので、気をつけてください。

 

・セロハンテープでラップの端を軽く触れてラップの切り口を見つける方法。

 

・濡れた布やスポンジで表面をこすり、軽く回してみるとはがれます。

 

2箇所にわかれてひきだされる時

そんなことありませんか?

ラップをはがす時、二手に分かれてしまって、どうしていいかわからなくなる時ありますよね。

これは無理やりはがそうとするとなることがあります。

そういう場合はどちらかの1箇所が何周かずれているので、片方のみ引き出してみて直します。

[ad#ad2]

イチオシのラップのはがし方

遠くから弱火にかざしてはがす方法

弱火に当てる

私はこれが一番カンタンで確実だと思います。

1.切り口がわからなくなったら、コンロのガスの火をうんと弱火にしてつけます

2.離れたところからラップを回しながら火にかざします。

3.切り口が自然に浮き上がってきて、ラップをはがせるようになります。

(注)近づけすぎるとチリヂリになるので、気をつけて!

冷蔵庫で冷やしてはがす方法

これはガスの火を使ってはがすのと逆の冷やす方法です。

ラップを冷蔵庫で十分に冷やします。

表面がしっかり冷えたら取り出し、雑巾をしぼるように両手でギュッとします。

そうすると、不思議なことに切り口がはがれます。

ラップのイライラ

毎日頻繁に使うことのあるラップフィルム。

とっても便利ですよね。

でも、時としてラップの口がわからなくなり、切り口が見つからないことがおこります。

また切り口がわかってもはがすのにイライラさせられます。

上手にはがす方法を覚えておいたら、イライラすることもなくなります。

ぜひ、覚えておきましょうね。

まとめ

上のような方法がありますので、試してみましょう。

その時に無理やりはがそうとすると、2手に分かれてもっとややこしくなるので、気をつけましょう。

2手に分かれた時は面倒見よく、ゆっくり一方をはがしていきましょう。

そんなことにならないように、なるべく自然にはがれる方法ではがしましょう。

便利なラップの使い方をマスターして、快適な台所仕事をしていきましょう。

★この記事を読んだ人はこちらも読んでいます↓

野菜の保存方法で長持ち!冷蔵庫や常温の賞味期限は?

[ad#ad3]

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です