東京のひな祭り2020展示開催場所はどこ?

おひなさま

東京ではひな祭りがいろいろなところで行われています。

2020年のひな祭りの情報をお知らせします。

[ad#ad1]

三井記念美術館の三井家のおひなさま

【開催期間】2020年2月8日(土)~4月5日(日)

【所在地】三井記念美術館
 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
【開館時間】10:00~17:00(入場は16:30まで)
【休館日】月曜日(他臨時休館あり)
【入館料】
 大人 1000円、大学・高校生500円、中学生以下無料

三井家の女たちが大事にしてきたひな人形やその道具達の豪華な飾りが展示されています。

2020年は特別展示として、展示室7ではかわいい御所人形が展示されています。

京都の公家に愛された御所人形の可愛らしさも楽しめます。

貴重な資料とともに当時の生活の様子が伺えます。

京王ホテルの「ホテルで楽しむひなまつり」

~花々の祈り 麗しき雛たちへ~

【開催期間】2月1日(土)~3月26日(木)

【開催場所】東京都新宿区西新宿2-2-1
【開催時間】最終日は15:00まで
【入場料】無料
【お問合せ】03-3344-0111(代表)

京王プラザホテルで行われているひな祭りは、ロビーで見ることができます。

見事なつるし飾りが飾られ、圧倒されます。

このつるし飾りは、キルト作家である松尾光代氏とひまわりグループのメンバー80名が縫い上げました。

3階のメインロビーでは真多呂人形の段飾りが飾られています。

つるし飾りの向こうに見える段飾りがとても映えます。

またワークショップやイベントも用意されています。

[ad#ad2]

ホテル雅叙園東京の百段雛まつり2020

出雲・因幡・荻ひな紀行

同時開催 ~雛のしつらい~

【開催期間】1月24日~3月15日

【開催場所】東京都目黒区下目黒1-8-1
【会 場】ホテル雅叙園東京の「百段階段」(東京都指定有形文化財 )
【休館日】会期中無休
【入場料】当日券 1600円
【イヤホンガイド代】500円

今年で11年目という都内最大級の雛まつりになります。

2020年の雛まつりは島根・鳥取・山口をテーマにしています。

山々に囲まれた地域のひな祭りの飾りや鳥取・北栄町の「れんべい人形」が展示されています。

「れんべい人形」は、物資の少ない戦後の中で作られた人形です。

その素朴で楽しい作品をお楽しみください。

宗家源 吉兆庵の銀座本店のひな人形鑑賞会

【開催期間】1月13日(月)~3月3日(火)

【開催場所】東京都中央区銀座6丁目9-8
【開催時間】
 平日 10:00~20:30 
 土・日・祝 10:00~19:00
【入場料】無料

銀座にある本店でひな人形やつるし雛が展示されています。

つるし雛は800本にもなります。

極上の和菓子とともに鑑賞してはいかがでしょうか。

隅田川で江戸流しびな

【開催期間】2020年3月1日(日)

【開催場所】東京都台東区花川戸1-2
 吾妻川親水テラス周辺
【開催時間】11:30~

なんと平安時代(約1000年前)に起源があるという歴史のある行事なんです。

そして今年で35階目。

川に紙や草でつくったひなを流します。

このひなは子どもの災厄をひなに移し流し、無病息災を願う伝統行事です。

まとめ

ひな祭りをしない人でも都内で楽しめるひな祭りを鑑賞してみませんか?

この機会に雰囲気を味わえればと思います。

季節の行事、春の訪れを感じてみませんか。

[ad#ad3]

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です