南町田グランベリーパークのテナントはシネマほか230店舗!

南町田グランベリーモール

南町田が今「まち全部がパークとなる」という発想のもと大きく変わろうとしています。

「南町田グランベリーパーク」として着々と工事が進んでいます。

商業施設、南町田グランベリーパークに入る店舗は全部で230店舗。

そのうちの197店舗が東急電鉄が発表しています。

なんとなんと、みんなが切望していたシネマも入るんです!

うれしいですね~!

スポンサーリンク

南町田グランベリーパークは2019年11月に「まちびらき」決定!

まちびらき予定 まちびらき予定

南町田グランベリーパークとその周辺はおしゃれで総合的に楽しめる空間となっています。

2019年の11月にはまちびらきが決定しています。

新しくなった鶴間公園、自由通路や広場、そしてそして230店舗ものテナントやアウトドア、エンターテイメントなどがいよいよ姿を現します。

 

そして同年12月には六本木にあったスヌーピーミュージアムが2倍のスペースとなって開館!

うれしいですね~!

そして施設内の7つの広場の中にみんなが待ちに待った「109シネマズグランベリーパーク 」があるんです。

109シネマズグランベリーパーク

このグランベリーパーク の109シネマは10スクリーンを備えています。

町田一のシネマとなります。

最新鋭の上映施設を導入した映画館で、家族みんなが楽しめる施設となっています。

シートもエグゼクティブシートを備えていますよ。

ゆったりと楽しめそうですね!

南町田グランベリーパークのテナント

町田グランベリーパーク平面図

テナントの大枠は、4割がアウトレットになり、3割が飲食と食物販で、その他個性あるアウトドアなどとなっています。

スノーピーク

レストランが併設されたスノーピークが入ります。

自然派のアウトドアスタイルを提案しています。

モンベル

人工池を備えており、クライミングが体験できるウォールがあります。

モンベルストア国内最大級と言われる規模の約 2,250㎡となっています。

また登山用品や自転車、カヤックなどの商品があります。

人工池もあるそうです。

ショッピングやいろいろな体験ができて、一日中楽しめそうです。

トイファクトリー

キャンピングカー&ミニベロ専門店です。

初の試みとなるキャンピングカーのレンタルがあります。

食材やアウトドア用品が揃います。

NHK Eテレ幼児向け番組

人気番組をモチーフとした遊び学べる空間です。

幼児向けの世界を楽しめる空間として最大級の約900㎡の広さになります。

スポンサーリンク

7つの屋外施設

ウエルカムプラザ

南北自由通路と駅北側を結びます。

グランベリープラザ

大きなシンボルツリーがある広場です。

シアタープラザ

映像や音楽を使って楽しませる演出があります。

マーケットプラザ

マーケットやキッチンカーで購入したものをその場で食べることができます。

パークプラザ

公園を一望できる願望の良い丘ができます。

オアシスプラザ

大規模なイベント広場です。

アートプラザ

季節を感じながら心豊かに散策できる広場です。

このような施設ができます。

その他、多くのテナントが出店します。

まとめ

みんなが待っているシアター。

そして楽しめるエンターテイメント施設の数々が今秋開業しようとしています。

どんな施設になるのか、楽しみにしている人も多いはず。

とても素敵な施設になりそうですね!

★この記事を読んだ人はこちらも読んでいます↓ 

南町田が2019年にグランベリーパークとして生まれ変わる!

南町田に行ってきた!グランベリーモールの工事と駐輪・駐車場

スヌーピーミュージアムが南町田グランベリーパーク内に開館!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です