江川海岸の電柱の並びを撮影するとウユニ湖に?

江川海岸

ウユニ湖というところをご存知ですか。

南米ボリビア西部にあります。

そこが有名な観光地になっています。

[ad#ad1]

天空の鏡ウユニ湖

南米ボリビアのウユニ湖は、12月から3月の雨期になりますと、高低差のない広大な面積の中に雨水がまったく流れを見せずそして波も立てずに留まるのです。

海の水が巨大な鏡のようになって、空が映しだされます。

 

そうすると空と地面との境界線もわからなくなり、幻想的な風景の中で自分の存在すら忘れてしまいそうになるのです。

「天空の鏡」といわれています。

いずれ世界遺産に登録されるようです。

日本の天空の鏡「江川海岸」

ウユニ湖に是非行ってみたいと思いますがちょっと遠いですよね。

時間もお金もかかるし。

でも大丈夫。

日本にもあるのですよ。

 

水面に映りこむ幻想的な風景を楽しめるところ。

東京からほんの少しのところです。

 

それが江川海岸です。

日本の「ウユニ湖」といわれているのです。

 

しかし実際にウユニ湖に行って見たことのある方が、日本のウニユ湖だと紹介されたらどうなんでしょう。

多分絶句してしまうのではないかと思ってしまいます。

しかし、そこは大目に見てもらいましょうか。

 

そのウユニ湖に似て写真が撮れるというスポットが評判になっています。

今や観光バスが来るくらいの人気の場所になっているんですよ。

江川海岸へのアクセス

【所在地】千葉県木更津市江川576-6 

【電 車】
JR内房線 「巌根駅」下車 タクシーで6分 徒歩では約30分となります 

バス 「木更津駅」または「巌根駅」から三井アウトレットパーク行きの路線バスにて「江川停留所」で下車 徒歩約20分 

電車・バスの場合歩くのは大変です。

巌根駅からのタクシー利用がおすすめです。

夜景を楽しむ際は帰りの電車の時刻に注意してください。

巖根駅内房線上り最終電車は、平日・土休日とも23:08です。

【車アクセス】

・アクアライン連絡道 木更津金田ICより国道409号にて約5km 

・カーナビでの検索は「江川漁業協同組合 0438-41-2234」にて設定してください 

【駐車場】無料 約600台収容

駐車場から海岸までは距離があり、約20分ほど歩きます

特に入場時間などはありませんので何時でも見ることはできます。

入場料も必要ありません。

[ad#ad2]

江川海岸とは

遠浅の浜なのです。

春には潮干狩りの人で賑わいます。

風のない晴天の日には天空の鏡っぽい情景を味わうことができます。

 

また日が暮れると、東京湾の向い側の京浜工業地帯の光が海面に映しこまれて綺麗に見えるのですね。

江川海岸と京浜工業地帯

さらに今は使われていないのですが、海中にあった密漁監視施設への送電のための電柱が海の中に列をなしておりそれがまた何ともいえない風景となっているのですね。

特に満潮時一直線上に並ぶ電柱(約50本)が海面に映りこんでかなりフォトジェニックな感じなのです。

 

電柱としてはすでに使われていませんからいつ撤去となるかは分かりませんので、お早めにいかれたほうがいいかもしれませんね。

江川海岸の撮影に人気の時間

写真家に人気の時間は、日の出前日没直後です。

晴天の場合ですけれど、日の出前は空がとても濃い青となりその色が海に映し出されるのですね。とても美しく静かな青い世界が広がるそうです。

 

日没直後は夕焼けがよく映えます。

光の加減では金色に輝くような幻想的な風景ともなります。

西向きの海岸ですので太陽の残光がいつまでもあるのですね。

 

人気のスポットとなってきているのですが、そういったことに対応されずに自然のあるがままの状態です。

それがこの江川海岸の景観なのです。

行かれた際はマナーを守ってくれぐれもゴミを放置したりしないようにしましょう。

江川海岸

江川海岸の潮干狩り

潮干狩りの時は大混雑です。

3月後半から7月後半までがシーズンです。

期間中営業していない日もありますのでご注意ください。

【料 金】
大人(中学生以上)1800円(2kgまで) 
小人(4歳以上小学生まで) 900円(1kgまで) 
超過採貝料金 1kgにつき900円 

用具料金 熊手 200円 アミ 200円 

【休憩料】
大人(中学生以上)200円 小人(4歳以上小学生まで)100円 

【渡船料】(片道) 
大人(中学生以上)200円 小人(4歳以上小学生まで)100円 

帽子は必ず着用しましょう

古靴または長靴がいいですね(ビーチサンダルは泥が跳ねるのでやめましょう)

風が冷たいことがありますから服装にも注意

タオルも必需品です。

江川海岸の海苔

海苔の養殖場でもあるのです。

江川海苔として広く流通しています。

江川海岸の周辺のフォトジェニック

江川海岸から車で30分ほどのところにあります富津海岸もフォトジェニックなところですよ。

 

富士山が綺麗に見えます。

富津岬南側の布引海岸からは雄大な富士を背景にサーフィンやジェットスキーなどを楽しむ人たちを見ることができます。

 

また山間のマザー牧場の観覧車の周辺からも美しい富士がよく見えます。

右手に白い東京湾観音があり左手には冬には雪化粧の富士山。両方とも東京湾を見下ろしているかのようです。

木更津金田ICからすぐのところには三井アウトレットパーク木更津があります。

各ショップは夜8時まで、レストランやフードコートは夜9時までです。

お帰りに立ち寄ってみてはいかがですか。

まとめ

SNSで有名になった江川海岸。

きっと撮影した人の腕がよかったのではと思います。

でも、人気がある江川海岸は一度は行ってみたくなりますよね。

カメラを持って・・・。

★この記事を読んだ人はこちらも読んでいます↓

伊豆稲取港の朝市2017金目鯛味噌汁は超うま!体験ブログ

[ad#ad3]

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です