南町田が2019年にグランベリーパークとして生まれ変わる!

広場

東京都町田市・・・。

ここに南町田駅という田園都市線の駅があります。

ここには以前、映画館などがありましたが、映画館も休館しています。

それが今年2019年に新たに整備が終了し、生まれ変わります。

その情報をお届けします。

スポンサーリンク

新しく生まれ変わるのはいつ?

2019年秋になります。

着工は2017年5月9日でした。

南町田駅のどこに何が?

田園都市線の南町田駅近くの鶴舞公園までを拠点として生まれ変わります。

駅や商業施設、公園がつながるようになります。

物販、各種サービス、映画館、駐車場ができます。

施設一体の名称は?

まちの名前は『南町田グランベリーパーク』となります。

境川に沿って道路があるのですが、そこの名称が『鶴間パークウォーク』となります。

南町田駅の名称変更

田園都市線の南町田駅ですが、駅も新しくなり、駅名も変わります。

今までの『南町田駅』から『南町田グランベリーパーク駅』となります。

 

駅を降りたら、そこは公園の中のような開放感あふれた駅舎で自由通路も南北をつなぎます。

それに加えて、列車の運行状況も変わります。

 

今まで土曜・休日しか急行が止まらなかったのですが、平日も急行が止まるようになります。

まちの様子

まち全体が公園のようになるイメージを想定しています。

自然と調和した賑わいがあるまちです。

 

駅から鶴舞公園まで休憩できるベンチ子供の遊び場を確保し、ゆったりと歩けるような場所を目指しています。

緑

そして2019年度中には東名高速道路も高架に直結することにより、駅周辺の混雑緩和になります。

スポンサーリンク

グランベリーモール

アウトレットが約200店舗と、今現在の2倍になります。

駐車場も2100台と拡充されます。

そこには7つの広場があり、子供が楽しめるような仕掛けもできます。

鶴舞公園が新しくなる

鶴舞公園の整備も行われ、「森のあそび場」、「クラブハウス」、「カフェ」などがそろい、ゆっくりと遊べる空間です。

グランドは人工芝が敷かれます。

 

新たにジョギングルートが出来、スポーツや健康づくりに子供から大人まで利用できるようになります。

スヌーピーミュージアム

六本木にあったスヌーピーミュージアムが、規模は六本木の2倍となって、この南町田グランベリーパークに引っ越してきます。

※スヌーピーミュージアムの情報はこちらにも
スヌーピーミュージアムが南町田グランベリーパーク内に開館!

 

スヌーピーミュージアムでは公園を活用したアウトプログラムができます。

スヌーピーミュージアムの他にカフェ、ワークショップスペース、「まちライブラリー」ができます。

 

「まちライブラリー」は、利用者が本を持ち寄りシェアするというものです。

他にも児童館もできます。

 

また町田市が取り組む「英語」が学べる取り組みも行われる予定です。

まとめ

いろいろと楽しい計画になっており、完成が待たれます。

どんな施設になるのか、楽しみですね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です