夏野菜って体温を下げるって本当なの?万能薬味も紹介

夏野菜

夏野菜とはどんな野菜を指すのでしょうか?

夏野菜を食べると体温が下がるよ、って言われたことありませんか?

夏野菜について調べてみました。

[ad#ad1]

夏野菜とは

夏野菜とは夏が旬の野菜のことです。

夏に収穫できる野菜のことです。

おなじみのきゅうりやトマト、ピーマンなどです。

夏が旬の野菜はだいたい以下になります。

・きゅうり
・トマト
・ピーマン
・ゴーヤ
・みょうが
・にんじん
・たまねぎ
・ごぼう
・れんこん
・じゃがいも

こうみていくといっぱいありますね!

夏野菜を食べると体温が下がる?

テレビで夏野菜を食べて、体温を測定して観察した報告がありました。
(NHKあさイチ2020年7月21日放送)

それによると食べた直後に平均で0.2度の体温が下がったそうです。

その体温がいつまで続くのかというと、35分だったそうです。

 

そう聞くとそれほど下がった、という感じが私はしませんが、0.2度といえどもきっと量にもよるんだろうなと思いました。

この番組では熱中症などに「効果がある」ということでした。

なぜ一時的に体温を下げる?

夏野菜に含まれている水分のせいなんです。

夏野菜はとても多くの水分をふくんでいるのです。

みょうがには95.6%きゅうりには95.4%も含まれているのです。

だから熱中症予防に夏野菜を食べるといいのですね!

旬の物を食べる効果

こうしてその季節の旬のものは、自然と健康に貢献しているのですね。

だから旬の物を昔からありがたがっていたのです。

できるだけその旬のものを意識していただきたいと思いました。

夏野菜の利用

夏はさる蕎麦ひやむぎなどさっぱりと食べることが多いですね。

そんな時には薬味として夏野菜が利用できます。

みょうがや青じそなどいろいろな薬味で味わいましょう。

番組で紹介されていたのは、万能薬味です。

みょうが
新しょうが
青じそ
貝割れ菜
わけぎ

以上を細かく刻み利用します。

「万能」がつくようにいろいろなものと組み合わせられました。

私もこの組み合わせを便利に利用していています。

ひややっこの薬味や冷しゃぶ、ステーキの付け合せ、ご飯のおともに合います。

私はご飯のお供にする時はかつおぶしも加えています。

さっぱりして美味しいです。

まとめ

夏野菜はやっぱり体温を下げるのですね。

そして、それは夏には人間の体に必要なこと。

理に叶っているのですね。

季節の旬のものって、うまく出来ているのですね!

 

番組でやっていた「万能薬味」。

いつもあるととっても便利です。

それぞれの野菜の効能も見逃せません。

季節のものを美味しく食べていきましょう!

★この記事を読んだ人はこちらも読んでいます↓

きゅうりとなすの栄養と夏野菜としての効果

[ad#ad3]

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です