リメンバー・ミー!日本語版吹き替えの声優や歌は誰なの?

死者の日

死の世界を描いた映画なんですよ。

なんだかおどろおどろしいですね。

でも大丈夫。

なぜって、そこはちっとも怖いところではなく、夢のように美しく、まるでテーマパークのようだったのです。

美しい音楽、そして人間の持つ美しい心、すばらしい家族愛をお届けします。

[ad#ad1]

リメンバー・ミーのあらすじ

この春に絶対見ておかなければならない、ディズニーのピクサー・アニメーション・スタジオ製作によるアニメ映画なのです。

 

2017年制作のディズニー・ピクサーによる長編アニメ映画です。

原題は「Coco」となっています。

 

靴屋の少年ミゲルは音楽が大好きなのですが、なぜかこの家では音楽が禁止されているのでした。

しかしミゲルは自分のひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャン・デラクルスではなかったのかと疑いを持ちます。

 

そして死者の日のお祭りの日になんとミゲルは死者の国に迷い込んでしまうのです。

そこ死者の国では、ミゲルはいろんな人と出会い、家族の秘密が解き明かされていくのですね。

 

しかし早く生者の国に戻らなければ永遠に家族に会えなくなってしまうかも。

ミゲルの冒険がはじまります。

全国公開の日程

2018年3月16日(金)全国公開予定です。

海外での評価

すでに公開されている海外での評価はとても高いようですね。

「メキシコらしさがよく表現されていてすごく良かった!」

「ミゲルの冒険のワクワク感、まさかのどんでん返し、何から何まで素晴らしかった。」

「家族って何か、愛することの意味を再認識させられる作品です。子供は素直にミゲルの冒険を楽しめて、大人はミゲルを取り巻く人たちの気持ちが分かり切なくなります。見てとても良かったと思えました。」

「何回見ても泣けるし、感動します。心温まる素敵な映画です。」

死者の日とは

作品中に描かれている死者の日とはなんでしょうか。

ラテンアメリカ諸国の祝日の一つで、特にメキシコでは盛大に祝祭が催されるそうです。

11月1日、2日です。

 

家族が集まって、故人の思い出を語り合うのだそうです。

日本のお盆と似ているのかもしれませんね。

古くから祖先のガイコツを飾る習慣もあったそうです。

それがこの作品のひとつのモチーフなのですね。

 

ピクサーからは

「家族の思い出を伝え続けていくことが大切でありそれがこの作品のテーマでもあります。

家族をたたえ祖先を称賛する、とても心に深く入り込む作品であり、日本の皆さんにも特別なものとなると思います。」

というコメントがされています。

[ad#ad2]

吹き替えのキャスト

日本語吹き替え版の主なキャストをご紹介します。

主人公 ミゲル少年  石橋陽彩

ミュージシャンを目指していますが、家族から音楽を禁じられるのです。

死者の国に迷い込んでしまい大変なことに。

ヘクター  藤木直人

死者の国でミゲル少年とともに旅に出ます。

なにか秘密を持っているようです。

エルネスト・デラクルス  橋本さとし

実在した国民的ミュージシャンです。

ミゲルの憧れの人です。

イメルダ  松雪泰子

ミゲル少年のひいひいおばあちゃんです。

エンリケ・リヴェラ  横山だいすけ

ミゲルの父親。

フリーダ・カーロ  渡辺直美

実在した芸術家です。

渡辺直美の役作り

渡辺直美さんは、実在の芸術家だったフリーダ・カーロの吹き替えを担当します。

フリーダ・カーロはメキシコの現代絵画を代表する画家で、メキシコの500ペソ紙幣にも肖像が描かれているのです。

 

映画の中では主人公のミゲル少年と関わっていく大事な登場人物なんですね。

先日の日本テレビの『スッキリ』にてその役作りについて語っていました。

「オリジナルの声優さんの声がけっこう大人っぽいというかガラガラ声だったので、それを真似てみました。急に大声を出したり、加湿器つけずに寝てみたりして声をつくってみました。」

だそうです。

ディズニー・ピクサーアニメの吹き替えは初挑戦ということで気合が入っていたのですね。

『リメンバー・ミー』日本版エンドソングについて

♪「リメンバー・ミー」

作詞・作曲 クリステン・アンダーソン-ロペス
訳詞 竹本浩子
歌 シシド・カフカ feat.東京スカパラダイスオーケストラ

シシド・カフカさんの優しい歌声とスカパラのアップテンポな演奏が、この愛に満ちた泣ける曲を楽しく聞かせてくれるのです。

同時上映について

同時上映は『アナと雪の女王/家族の思い出』です。

これは22分の非常に短い作品です。

『アナと雪の女王』のスピンオフ作品ですね。

 

おなじみの雪だるまのオラフが相棒のトナカイのスヴェンとともにクリスマスの伝統を探しに旅に出るというお話しです。

テレビのスペシャル版として作られましたが、劇場公開に変更され、『リメンバー・ミー』との同時上映となりました。

 

家族そして受け継ぐべき伝統について描かれており、『リメンバー・ミー』と主題が重なるものとなっています。

おわりに

素敵なアニメーション・ミュージカル映画です。

是非ご家族で見に行ってください。

いい思い出ができますね。

 

練り上げられたストーリーと引き込まれてしまうアニメーション技法を堪能してください。

いつ見てもピクサーの作品はすごいなと感心させられますね。

 

ちなみに『アナと雪の女王』の本編の続編作品は現在制作中でおそらく日本では2020年春に公開となりそうですね。

お楽しみに!

[ad#ad3]

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です