東京ミチテラス2018!恒例のイルミネーションが今年も!

東京駅

今年も、東京・丸の内から、未来を明るく照らしていこう(未知を照らす)という願いを込めた年末のイベント「東京ミチテラス2018」が開催されます。

 

東京駅、新丸ビル、丸ビル年、東京国際フォーラムと、東京駅丸の内駅前広場から街全体で祝福し、新しい時代への希望を発信するとのことです。

 

2018年の演出のテーマは『ひかりのゲートウエイ』でイルミネーションを展開します。

新しい時代へのダイナミックな輝きを発信しています。

 

平成から新しい時代へ迎えるにあたって、多くの人をお迎えする玄関としての扉を演出しています。

東京の真ん中を美しく彩るこのイベントをぜひお楽しみください。

スポンサーリンク

東京ミチテラス2018開催情報

【開催期間2018年12月24日(月・祝)~12月28日(金)
     (一部は12月14日(金)より)
【会 場】東京都千代田区・丸の内エリア
【点灯時間】未定
【アクセス】
JR東京駅、有楽町駅、東京メトロ東京駅、日比谷駅、大手町駅、二重橋前駅

東京ミチテラス2018の見どころ

演出は映像作家の花房 伸行氏が行っています。

その他、特殊映像装置を活かしたコン テンツ制作を数多く手掛ける渡辺雅也氏や様々な映像クリエイタ ーが集結して盛り上げます。

行幸通り

「ひかりのスタディオン」

光の列柱、特殊映像、樹木イルミネーションが合わさって、不思議な幻想の世界へと誘います。

美しい印影が心をつかみます。

点灯時間は、17時頃から21時頃まで。
(12月24日~28日予定)

スポンサーリンク

丸の内周辺エリア

「ひかりのリフレクション」

鏡を使った演出と現代の演出・ライティング技術が融合した作品が並びます。

個性あふれる作品群が丸の内のエリアに出現します。
(12月14日~28日予定)

東京駅丸の内駅前広場

ひかりの円舞曲(ワルツ)

ワルツのような賑やかな演出映像投影などが登場します。

軽やかな音に乗って、映像の陰影がステキです。
(12月24日~28日予定)

東京ミチテラス2018の混雑状況

東京駅前周辺の様子

クリスマスイブである開催初日が最も混雑していると思われます。

 

そのあとも年末のお休みが始まっているところもあるでしょうから、基本的には混雑しているとお考え下さい。

 

26日、27日が比較的ゆったりしているかもしれません。

この期間は、丸の内イルミネーション2018、も行われています。

丸の内イルミネーション2018!遠くでも日帰りでOK!

 

年末のあわただしい時期ではありますが、ひと時、日頃の忙しさを忘れて、一緒にじっくり楽しみたいですね。

まとめ

東京駅界隈では、いろいろなクリスマスイベントやイルミネーションで彩られます。

近頃は毎年開催されるので、見慣れてきているとは思いますが、冬の寒さの中に光が灯ると、とてもほっとします。

東京駅周辺は、何も用事がなくともブラっと歩き回るのに最適です。

お台場レインボー花火2018の12月日程イルミと混雑状況

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です