電球ソーダは韓国でかわいいと大流行!日本でも買える場所は?

電球ソーダ

先日、東京府中の「くらやみ祭」というお祭りに行きました。

その時、めっちゃかわいい「電球ソーダ」が目に飛び込んできました!

ピカピカ光って、と~てもナイス!!

SNS映する電球ソーダは大人気です。

これが、あの韓国で大人気になっている「電球ソーダ」なのね、と思いましたよ。

いよいよ日本でも買えるようになったのですね!

それも屋台で!

[ad#ad1]

電球の中身

ピカピカ光っている電球の形をした入れ物の中には、カラフルなソーダが入っています。

私が見た屋台ではとってもいろいろな種類のソーダがありました。

イチゴ、ブルーベリー、マンゴー、レモン、カルピス、メロン、ヨーグルト、チェリー、コーラ、オレンジ、エメラルドパイン、カフェオレ、マスカット、ココナッツミルク、コーヒー、青リンゴ、カシスオレンジ、ピーチ、バナナ、抹茶、抹茶オレ

上の種類がありました!!!

すごい種類の数で、とってもカラフルです!

電球に飲み物を入れるなんて、考えた人のアイデアがすごいですよね。

そして持ち歩いて、飲むのに、最適な形です。

電球ソーダのお値段

電球ソーダの屋台

私が見た屋台のは、500円でした。

場所によって、少し違ってくるかもしれません。

中はどのくらいの量が入るんでしょう?

普通の電球の大きさだったですが・・・。

[ad#ad2]

夜になると目立つ

夜にピカピカしてとっても目立ってました。

電球ソーダにはストローの所に小さなライトが付いていて、光るようになっているのです。

そのライトは購入場所によって、いろいろなタイプがあるようです。

ライトの中にはボタン電池が入っています。

また、電球ソーダにより一層小さい電球が付いていたりするのもあります。

こちらもより一層カワイイ!

見た目がカワイイし、ちょっと変わっているし、もちろん女子には大ウケです。

かわいいから、インスタグラムなど、写メに撮ってアップしている人がいっぱいいます。

電球ソーダ 電球ソーダ投稿

電球の容器

電球ソーダの入れ物活用

飲み終わった電球も家にもって帰って、インテリアに皆さん利用しているようです。

そんなインテリアの写真もアップされています。

電球の金口がキャップになっています。

ガラス製ではありませんから、安全ですね。

電球ソーダを手作りする人も

100円ショップの「セリア」などでプラスチックの電球が売っていて、それで手作りする人もいるんです。

自分で作れば安上がりですよね。

中にいろいろ入れるとステキなインテリアになります。

電球ソーダが買える所

電球ソーダ

屋台でなくても、電球ソーダが買えるところが何箇所かできました。

関西エリア、大阪、名古屋や神戸、沖縄などでも販売しています。

東京近辺では以下があります。

【原宿電気商店】
電球ソーダ価格:各 700円(税込)
セット内容:容器のペットボトル、7色に光るLEDライト
オープン日:2017年5月10日(水)
住所:東京 渋谷区神宮前3-20-7

【Cafe ON(カフェ・オン)】
東京都新宿区百人町2-1-1 K-PLAZA1号館2F
JR山手線新大久保駅 徒歩2分
月~日、祝日、祝前日: 11:00~翌0:00
(料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)
11:00~24:00(L.O.23:00)

まとめ

流行りの電球ソーダはとってもかわいい!

SNS映えもして、刺激的で面白いですね。

[ad#ad3]

 

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です